« めんどうな課題 | トップページ | インクを飲んだマ・クン君 »

ひまわりの種

どのくらい伝わっているのかはわからないが、「猟奇的な先生」は本当にこわい。

ご自身でも、「自分は性格が悪い」とおっしゃっている。その通りである。

プライベートでは、絶対に友達になりたくないタイプである。

今日も、授業中よそ見していた学生の財布を取り上げた。

しかし、中国人留学生たちのあの態度を考えたら、それぐらいの厳しさは仕方がないかな、とも思う。

だがそのことを差し引いたとしても、そもそも「性根」がこわいのである。

その、「猟奇的な先生」に昨日見はなされた、問題児のリ・ヤン君が、今日も、後半のベテランの先生の授業にのみあらわれた。

「リ・ヤン。前半の授業に出てなかったの?」とベテランの先生。

「はい、昨日、キム先生に、『あんたなんか私の学生じゃない』と言われまして…」

バッカじゃなかろうか、と思う。「あんたなんか私の学生じゃない」と言われて、「ああそうですか」と引き下がるやつがどこにいる?

落語の世界だって、師匠に

「お前は破門だ!」

と言われて、弟子が

「ハイ、わかりました」

と言うやつがいるか?そんな時は、師匠に土下座して、

「師匠、もう一度私にチャンスを下さい!」

と言うだろう。

それでも先生がわからんちんだったら、こちらから見切りをつけるなり、語学院の院長先生に訴えるなりすればよいのだ。

自分の勉強の機会が失われていることに対して、何の危機意識も持っていないのだろうか。

まあ、リ・ヤン君に落語の喩えで説教してもわかるはずもないのだが。

それに、相変わらず、授業中にずっと左隣のジョウ・レイ君と中国語で私語しているのだから、何を言っても変わらないだろう。

そんな中、私の中での株が上がっているのが、お調子者のマ・クン君である。

昨日、マ・クン君は、服とズボンと靴を買おうと、ひとりで市内の市場に出かけた。

タクシーの運転手に行き先を告げるのだが、発音が悪いので、何度言ってもわかってくれない。

押し問答の末、韓国語の上手な友達に携帯電話で電話して、運転手に、携帯電話越しに友達から行き先を告げてもらい、ようやく運転手も納得。

やっとのことで市内の市場に到着。そこで、とても気に入った靴を見つけた。

どうしても欲しかったので、靴を買ったら、服とズボンを買うお金がなくなってしまったという。

「いくらで買ったの?」と先生が聞くと、

「45万ウォン(約45,000円)です」と答えた。

これには先生もびっくり。「学生が買うのに、そんな高い靴なんてないわよ。絶対騙されているわよ」

「でも、僕は韓国語がよくわからないので…」

「外国人だからって、ぼったくられたのね。そういうときはまけてもらうように交渉するのよ。それが難しかったら、韓国人の友達と一緒に行きなさい」

マ・クン君も、ようやく自分が騙されていたことに気づいたようだ。しかし貧乏学生の分際で45,000円の靴とは、恐れ入る。

先生はこうもおっしゃった。

「靴だけ買って、服は買わなかったの?せっかく新しい靴を買ったって、着る服がなかったら、ダメじゃないの」

まるで、ビートたけし氏の「浅草キッド」という歌に出てくる、

「同じ背広をはじめて買って

 同じ形の蝶タイ作り

 同じ靴まで買う金はなく

 いつも笑いのネタにした」

を地でいく行為だ。

そんなマ・クン君が、休憩時間にポケットから何か出して、私にくれた。

「ひまわりの種」である。

日本ではあまり食べる機会はないが、中国の人たちは、ひまわりの種をよく食べるという。

「これ、どうしたの?」

「韓国では、売っていないのです。だから、中国からプモニム(両親)が送ってくれたんです」

といいながら、ポケットからさらに大量のひまわりの種を出す。

中国の両親が、わが子のために送ってくれた、ひまわりの種。ありがたくいただく。

ポリポリと食べながら思った。でも仕送りしたお金で息子が45,000円の靴を買った、という話をご両親が知ったら、どう思うだろうか、と。

|

« めんどうな課題 | トップページ | インクを飲んだマ・クン君 »

1級1班」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めんどうな課題 | トップページ | インクを飲んだマ・クン君 »