« 壊れゆく教室 | トップページ | 壊されるプライド、癒される再会 »

クイズ、の日

語学の教室では、語学学校らしく、ひとりひとりが、机と椅子が一体となったものに座る(なんという名前なのかわからない)。

図体の大きい私には、少々窮屈なのであるが、仕方がない。

授業がはじまる直前に教室に入ると、中国人女子留学生のルー・ルーさんが、その机と椅子が一体になったものを、よいしょ、よいしょと、自分の座る場所の横に移動させている。

(自分が座る場所があるのに、どうしてだろう…)と思ってみていると、横に置いた机の上に、山ほどのお菓子をのせて、モリモリと食べはじめた。

そういえば、ルー・ルーさんは、毎日のように、山ほどのお菓子を教室でモリモリ食べている。といって、スタイルが悪いわけでは決してない。かなりの美人で、授業態度も至ってまじめである。

そこへ「粗忽者の先生」が、カセットデッキを持って入ってきた。

しかしリスニングに使うカセットデッキを置く場所がない。先生がルー・ルーさんの横に空いている机があるのを見つけて、「その机貸してちょうだい」というと、

「これはお菓子をおいている机なのでダメです。そこにパイプ椅子があるので、その上にカセットデッキを置いてください」

と言った。

先生は最初、言われるがままにカセットデッキをパイプ椅子の上に置いたが、そうすると、今度は先生自身の座る椅子がなくなってしまう。

「先生は腰が痛いのよ。だからその机を貸してちょうだい」

ルー・ルーさんは、仕方なくその机を明け渡した。

さて、今日は今学期1回目の「クイズ」の日である。

1学期に4回、「クイズ」と呼ばれる小テストがある。「クイズ」の日には、授業の最初30分を使って、文法を中心にした試験を行う。当然、この「クイズ」の点数も、成績に考慮される。だから最近は「クイズ」という言葉を聞いただけで、反射的にイヤーな感じになる。

クイズが無事終わり、引き続きリスニングの授業。そこでも「クイズ」の話題。

といっても、今度は、ラジオ番組で聴取者に問題を出し、答えがわかった聴取者が電話をかけて答える、という手の込んだ設定の会話を聞き取る練習である。

ひととおり終わったあと、「粗忽者の先生」が、「じゃあ今度はみなさんで問題を出しあってやってみましょう」とおっしゃる。誰かがラジオの司会者に扮し、誰かが聴取者に扮して、会話を進めるのである。

そして私が、司会者の役を仰せつかる。

私「これから問題を1問出します。わかった方は、早く電話をかけてきてください」

「正解者への商品はなんですか?」と先生が質問する。

私「自動車です!」

この言葉に中国人留学生たちが色めき立つ。ウソなのに。

「では問題です。日本人がいちばん好きな韓国ドラマは何でしょうか?」

ここからが、集団コントの始まりである。

「チリリリリーン、チリリリーン」

自動車は俺のものだと言わんばかりに、パンジャンニム(班長殿)が真っ先に手をあげた。

私「あ、電話が来ました。はい、答えをどうぞ!」

「すいません、問題をもう1回言ってください」

「チリリリリーン、チリリリーン」

今度は愛嬌のある顔のリ・ポン君が手をあげる。

私「あ、また電話が来ました。答えをどうぞ!」

「すいません。わかりません」

まるで大喜利の司会者になった気分である。

もちろん、まじめに答えた人もいた。「それは『花より男子』ですか?」「それは『クン(宮)』ですか?」

いずれも間違い。結局、正解の「冬のソナタ」を答えた人はいなかった。

さて、「粗忽者の先生」の授業が終わった休み時間、ルー・ルーさんは、クッキーを一袋食べ終わり、次にポテトチップスをモリモリと食べはじめた。

どんだけ食べるんだろう。

|

« 壊れゆく教室 | トップページ | 壊されるプライド、癒される再会 »

2級4班」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壊れゆく教室 | トップページ | 壊されるプライド、癒される再会 »