« 一時帰国前夜 | トップページ | 一時帰国 »

飛行機での出来事

2月28日(金)

日本へ帰る飛行機でのこと。

私の席は、3列ある席のうちの、真ん中だった。つまり、窓側の席と通路側の席に挟まれた席である。

私が飛行機に乗り込むと、すでに窓側の席と通路側の席に人が座っている。

窓側の席は、日本にビジネスに行くと思われる、韓国人の女性。

通路側の席は、一見して「極道」か?と思われる恐そうな顔つきの日本人男性。

俳優の哀川翔と寺島進を足して2で割った感じのお方である(マニアックすぎてわからないか)。

恐縮して真ん中の席に座る。

次から次へと乗客が乗り込むが、どうも通路側の席のお方の腕に体が触れるようで、そのたびに、「痛てーな、バカヤロウ」「なんだ、コノヤロウ」と、悪態をおつきになる。といって、別にお酒を飲んでいるわけでもない。

これは本物のお方かも知れない、と思い、たちまち身動きがとれなくなってしまった。

いつもより倍の汗が出て、止まらなくなってしまう。

だが、ちょっと微笑ましかったのは、その方が、誰よりも早く、シートベルトを装着したことであった。まだ、客室乗務員のアナウンスが始まる前から、しっかりとベルトをお締めになる。

なぁんだ。無法者かと思っていたが、けっこう従順な人なんじゃないか。

しかし、離陸後もしばしば右隣(通路側)の方の顔をチラッ、チラッと拝見したが、やはり恐そうな顔である。

客室乗務員の方が、軽食を持ってきた。私のところに軽食の箱を置こうとしたとき、その箱がその方の手に少し触れた。

「お手もと、ぶつかってしまい、大変申し訳ございません」

と、客室乗務員の方も、必要以上に恐縮している。

さらに、軽食を食べている最中、客室乗務員がそのお方のところにやってきて、

「ご挨拶が遅れまして大変申し訳ございません。本日もご搭乗まことにありがとうございます」

と挨拶している。そのお方は無言のまま。

いったいこの人は何者なのだろう?

さて、この航空会社の軽食は、「お寿司」に、「プレーンヨーグルト」に、「おかき」という「素敵な」組み合わせである。この航空会社はよく利用するのだが、機内食のセンスは、なんとかならんものか、と思う。

お寿司が食べ終わり、さて次はプレーンヨーグルトを食べようかと、カップの蓋を開けた途端、気圧の関係で、中のヨーグルトが、勢いよく外に飛び出した。そして、ヨーグルトが顔と服に飛び散ってしまった。

ピチャッ!

慌てて顔についたヨーグルトを拭き取ると、左隣の韓国人の女性も、顔を拭き始めた。

「すいません…」

ヨーグルトは、左隣の席の方にも飛び散ったようだ。

ということは……。

恐る恐る右隣を見る。

よかった!右隣のお方には飛び散らなかったようだ。

もしこれが、そのお方の服にでも飛び散ろうものなら、「どないしてくれるんや!今すぐ弁償できひんのやったら、ここでエンコ詰めてもらうで!」と言われたかも知れない。

そのことを妄想し、再び汗が止まらなくなる。

飛行機は無事成田空港に着陸。私も無事だった。

飛行機から降りると、その恐い顔のお方は、お年を召した貫禄のある方と合流して、なにやら談笑している。

ひょっとしてあの方は「親分」か?そして親分はビジネスクラスに、子分はエコノミークラスに乗っていた、ということか?

妄想はさらに広がる。

結局、そのお方が何者かはわからなかった。単にふつうのビジネスマンだったのかも知れない。

むかし、ダウンタウンの松本が、「なんといっても一番恐いジェットコースターは、常に横にヤクザが乗っているジェットコースターやね」と言って、「『恐い』の意味が違うやろ!」と、浜田につっこまれていたことを思い出す。

しかし、そんな恐そうな人でも、いち早くシートベルトを装着した姿は微笑ましい。決して、無法者ではなかったのだ。

|

« 一時帰国前夜 | トップページ | 一時帰国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一時帰国前夜 | トップページ | 一時帰国 »