« リ・ポン君祭り | トップページ | 闘鶏とテーマパーク »

研究会に参加する

4月16日(木)

毎週木曜日の夜、研究会が開かれていることを、以前ある先生からお聞きした。

出てもどうせわからないだろう、と最初は逡巡したのだが、今日から参加することにした。

市内にある、商工会議所の一室で行うという。

語学の授業が終わり、幹事の先生の車に同乗させてもらって会場に着くと、参加者は10名ほどで、この近辺の大学の先生ばかりであった。みんな私より年上の先生ばかりである。

場違いだったかな、と思い、隅の方に座ろうとしたら、「真ん中に座ってください」と勧められた。

研究会の形式は、あるひとつの史料をみんなで読むという、いわゆる輪読会である。毎回、担当者が、担当範囲の部分を口頭で読みながら解説する。

日本でやっている演習や研究会と、どこが違うのだろう、という点も、興味深いところである。研究会に参加しようと思ったのも、実はそれが知りたかったということもあった。

レジュメはなく、担当者がひたすら読み、解説をする。それに対して、他の人が議論をする、というもの。

言葉がわからないことに加えて、その史料についての予備知識がほとんどなかったため、内容は相変わらずわからない。だが、いま史料のどのあたりについて議論をしているくらいはわかった。

学部生時代を思い出す。学部3年で専門課程に進学して、大学院生の研究会にはじめて出席したとき、大学院生の人たちが史料を読みながら議論をしていた内容が、まったく理解できなかった。いったいこの人たちは、何を議論しているんだろう、と不思議に思ったものである。

今日も、あのときと同じである。だから、今日理解できないことは、少しも恥ずべきことではない。いまの私は、あのときの私なのだ。あのときまったくわからなかったことが、時間がたつにつれて理解できるようになったように、これから少しずつ、理解できるようになるだろう。少しもおそれることはないのだ。

夜9時。2時間の研究会が終わると、幹事の先生が、他の先生からお金を集めている。「会費ですか?」と聞くと、

「いえ、違います。前回欠席した人からお金を集めて、たまにやる飲み会の資金にしているんです」とおっしゃった。

なるほど。出席者から会費を集めるより、欠席者からペナルティとしてお金を集めたほうが、研究会のモチベーションも上がるというものだ。しかもこうすれば、割り勘文化のない韓国で、飲み会当日は誰の懐を痛めることもなく支払いができる。うまいことを考えたものだ。

商工会議所の建物を出ると、少し肌寒かった。幹事の先生から「初めての場所でしょう。家の近くまで送りましょうか」と言っていただいたが、「いえ、一人でバスで帰れますので」とお答えした。

自分の中で、さまざまな壁が、少しずつ低くなっていく。

|

« リ・ポン君祭り | トップページ | 闘鶏とテーマパーク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リ・ポン君祭り | トップページ | 闘鶏とテーマパーク »