« イロボリダ | トップページ | 缶コーヒーの連鎖 »

チャン・イチャウ君祭り

4月22日(水)

「粗忽者の先生」が教室に入ってくる。

昨日に引き続き、孤高の美青年、ヤン・シニャン君が来ていない。

先生が、「ヤン・シニャンは今日も来てないの?どうしたの?」

先生のすぐ近くに座っていた「孫悟空」ことチャン・イチャウ君が答える。

「…チュゴッソヨ(死にました)」

「……」

先生は無視して授業を始める。

チャン・イチャウ君は「いじられキャラ」である。

今日は、文法で「○○してみたことがある」という表現を学ぶ。

先生が私に向かって、「この文法を使って、誰かに質問してみてください」とおっしゃる。

迷ったあげく、「チャン・イチャウ氏!」と言って、質問をはじめる。

すると、ここでなぜか笑いが起きる。チャン・イチャウ君を指名したことが可笑しかったようだ。

「馬に乗ってみたことがありますか」「あります」内モンゴル出身の彼ならではの答えである。

すると、これで火がついたのか、みんなの集中攻撃がはじまる。

次の表現は、「○○が○○しているのを見た」という表現。

「この文法を使って文章を作ってみなさい」と先生。

すかさずパンジャンニム(班長殿)が、

「私は、チャン・イチャウ氏が馬に乗っているのを見ました」

と、先ほどの私の質問にかぶせた表現を作りあげる。

すると、他の人たちも、次々とチャン・イチャウ君を主語にした文章を作り始めた。

「チャン・イチャウ氏が、女子トイレに入るのを見ました」

「チャン・イチャウ氏が、ヨジャ・チング(ガールフレンド)と、ポッポ(キス)しているのを見ました」

「チャン・イチャウ氏が、…」

と、まあ、相変わらずの文章を次から次へと作り出す。そのたびにあきれつつも爆笑する。

さらにこの「チャン・イチャウ君祭り」は、後半の会話表現の授業でも続く。

友達をスポーツ観戦に誘う、という会話練習。

相変わらずホ・ジュエイ君とマ・ロン君の会話がよくわからない。

ホ「サッカーのチケットがあるんだけど見に行かない?」

マ「いいね。チームはどこ?」

ホ「中国のチームだよ」

マ「サッカーの試合はテレビでしか見たことがないんだ」

ホ「直接見ると、サッカーの練習も見ることができるよ。あの有名な、チャン・イチャウ選手も間近に見ることができるよ」

マ「え!あの有名なチャン・イチャウ選手を見ることができるの?」

ホ「だって、チャン・イチャウ選手はふだんから運動場に住んでいるからね」

マ「試合はどこでやるの?」

ホ「豪州のシドニー運動場」

「そんなところでやったら、入場料より飛行機代の方が高いでしょう!」と先生。ツッコむところはそこか?

ホ「じゃあサッカーはやめて映画を見よう」

マ「何の映画?」

ホ「中国映画。有名な俳優のチャン・イチャウ氏が出ている…」

ここで、先生もさすがにストップをかける。「いいかげんにしなさい。だいたい、チャン・イチャウはサッカー選手だったじゃないの」

またしてもツッコミどころがおかしいんじゃないか?

彼らもまた、前半の授業に引き続き、チャン・イチャウ君の名前をかぶせてきた。留学生たちは大笑いだが、前半の授業の様子がわからない大柄の先生にしてみたら、なぜ唐突にチャン・イチャウ君の名前が何度も出てくるのか、わからなかっただろう。

「いいですかみなさん。面白ければいいってもんじゃないんですよ。会話表現の時間なんですからね。何時に、どこで待ち合わせるとか、必要な会話をしなければいけませんよ!」

同じボケをくり返していく笑いの手法を、演芸の業界用語で「天丼」という。チャン・イチャウ君をくり返し登場させるのは、まさにこの「天丼」の手法に近い。

これが日本だったら、一歩間違えたら特定の生徒を誹謗中傷するイジメだ、と言われかねないが、彼らの間にいじめっ子、いじめられっ子の関係は存在しない。笑いのひとつの手法として、はっきり認識しているのである。

「天丼」といえば、次にあてられたパンジャンニムことス・オンイ君と、まじめ美人のル・ルさんの会話も、その手法を使っている。

ス「いらっしゃい…。あ!アガッシ(お嬢さん)!前回も乗ってくれましたね。奇遇ですね」

ル「あら、アジョッシ(運転手さん)!」

予告なく、突然、「タクシーの運転手の客の会話」が始まる。実は前回、「タクシーの運転手と客の会話」の練習で、ス・オンイ君が運転手役に、ル・ルさんが乗客役に扮して秀逸な会話を披露していた。ここでみんなが、前回の続きであることに気がつき、爆笑する。

ス「今日はどちらまで?」

ル「バスケットボールの試合を見に行くんです。時間とお金がないんで早く行ってください!」

ス「バスケットボールですか、テレビでしか見たことがありませんね」

ル「直接見ると面白いですよ。アジョッシ、今度一緒に見に行きましょう。」

ス「昼間は仕事中ですからね。それに、タクシーの中にテレビもありますし」

ル「運転中に見たらダメですよ」

ス「大丈夫ですよ。…着きました。ここで停めていいですか?」

ル「ここで停めてください」

先生がここで注意する。

「会話はよくできてますけど、いいですか、『友達をスポーツ観戦に誘う』という会話練習ですよ。誰が『タクシーの運転手と客の会話』をやれ、と言いましたか?何時にどこで待ち合わせるとか、そういう表現を入れないと練習になりませんよ」

そうはおっしゃるが、ス・オンイ君とル・ルさんによる「タクシーの運転手の客の会話」は、今後シリーズ化しそうな予感。

まったく、ルール無視の会話練習というほかないが、「笑い」に対する彼らのあくなき追求には脱帽する。

|

« イロボリダ | トップページ | 缶コーヒーの連鎖 »

2級4班」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イロボリダ | トップページ | 缶コーヒーの連鎖 »