« タクシー、のはなし | トップページ | タクシーの運転手と客の会話 »

天使と悪魔のささやき

4月13日(月)

語学の授業中は、基本的に辞書を引いてはいけない。

だから、わからない単語は、先生の説明を聞いて理解しなければならない。

「粗忽者の先生」は、たまに絵を描いて説明なさるのだが、その絵がビックリするくらい下手なため、かえってわかりにくいことがある。

「チャッカダ」という単語の説明。

「チョンサ、チョンサ」と言いながら、ホワイトボードに絵をお描きになる。ところが最初は、何を描いているのかまったくわからない。

絵を見てもよくわからないので、しばらく怪訝そうな顔をしていると、先生は英語で「エンゼル」とおっしゃった。

チョンサ…天使か。

そう言われれば、横の方についているのは天使の羽根か。そして、…上の方に書かれている楕円形は、天使の輪か。

で、「チャッカダ」の意味は何だろう。

さらに私が怪訝そうな顔をすると、説明が足りないと思ったのか、もう一つ絵を描き足した。

頭のようなマルに2本のツノのようなもの、そして胴体のようなものを描いて、そこから、先が三つ叉のフォークのようなものが伸びている。

「アクマ、アクマ」

今度は悪魔か。

すると今度は、先生の寸劇が始まる。

「勉強しなさい」と天使がささやく声。

次に声色を変えて

「勉強なんかするな」と、悪魔がささやく声。

先生が一人二役で天使と悪魔を演じる。

「勉強しなさい」「勉強なんかしなくていいんだよ」「勉強しなさい」「勉強なんかするな」

よくコントなんかで出てくる「天使と悪魔のささやき」だ。韓国でも定番のネタなんだな。

ひととおり小芝居が終わった後、先生は、

「ね、わかったでしょ?はい、では次の単語…」

おいおい、結局「チャッカダ」の意味は何だったんだ?今のひとり芝居のなかに、「チャッカダ」の意味が隠されていたのか?

授業の後で辞書で調べると、「チャッカダ」は、「善良だ」という意味。

なるほど、天使のように善良だ、ということがおっしゃりたかったのだろう。でも、その後につけ加えた「天使と悪魔のささやき」には、どんな意味があったのだろう。

|

« タクシー、のはなし | トップページ | タクシーの運転手と客の会話 »

2級4班」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タクシー、のはなし | トップページ | タクシーの運転手と客の会話 »