« サムルノリ戦争! | トップページ | ジャケットを探す旅 »

生態

先週の火曜日、語学の授業で今学期3回目の「クイズ」があった。

中国人留学生たちは、例によって、自分のクイズの点数がひどく気になるようである。

翌水曜日の1時間目、「粗忽者の先生」が入ってくるなり、留学生たちがいっせいに質問する。

「ソンセンニム(先生)!クイズ、チョムス(クイズの点数は)?」

いくらなんでも採点結果が翌日にわかることはない。先生も「明日明日。明日よ」と答える。

翌木曜日、先生が入ってくるなり、留学生たちは、

「ソンセンニム!クイズクイズ!」

と騒ぎ出す。先生が、

「明日明日。明日よ」

と答えると、

「ソンセンニム!昨日は、今日知らせる、って言ったじゃないですか?」

「え?そうだったかしら。言い間違えたのよ。明日にならないと先生だってわからないわ」

としらを切る。

ところが、ここで事件が起こる。

1時間目が終わった休み時間、廊下にいた中国人留学生が騒ぎ出した。ある班(クラス)では、留学生たちがクイズの点数を教えてもらった、というのだ。

つまり、とっくに結果が出ているのに、先生は教えてくれなかった、ということである。

「ソンセンニム!どういうことですかー」

2時間目の授業が始まった早々、留学生たちは「粗忽者の先生」を責め立てる。

「あら、なんで教えちゃったのかしら。どこの班の先生?」

と先生は慌てだした。

ここからは私の想像だが、中国人留学生たちが、クイズの点数をあまりにも気にしすぎることが、語学の先生の間でも問題になったのではないだろうか。そこで、班によって、点数発表の日がバラバラにならないように、「金曜日の授業時間内に発表する」という紳士協定が結ばれたのではないだろうか。「粗忽者の先生」が、当初、水曜日の段階で「明日発表する」と言ったものの、結局金曜日にせざるを得なかったのも、そういう事情が背景にあったのではないか。

そして、留学生たちの要求に抗しきれなかったのか、とある班の先生は、フライングして木曜日に点数を教えてしまったのではないか。今ごろその先生は、会議でやり玉にあがっているかも知れない。

そして金曜日。

「粗忽者の先生」が教室に入ってくるなり、中国人留学生たちの大合唱。

「ソンセンニム!クイズ、クイズ!」

先生は、

「クイズ?今日はクイズなんてやらないわよ」

ととぼけてみせる。

「ソンセンニム!そうじゃなくて、チョムス(点数)です!チョムス」

「あ、点数のことね。そういえば今日点数を教える、て言ったかしらね」

先生は、留学生たちの生態を知りながら、わざとじらしているようだ。

「でも、授業をしてからの方がいいと思うわよ。落ち込むから。」

「大丈夫です先生!絶対に落ち込みませんから」

これも、彼らの常套表現。

「でも、パダスギ(書き取り試験)をしてからですよ」

そう言って、パダスギをはじめる。

パダスギが終わると先生は、

「さあ、授業を始めます」

とおっしゃった。

留学生たちがまた騒ぎ出す。

「ソンセンニム!クイズ、クイズ!」

先生もしらを切ろうとしたが、これ以上はやはり無理だったようだ。

先生が渋々と、クイズの答案をひとりひとりに配る。

案の定、落ち込む学生が何人も出る。これもいつもの光景。

いまだにわからない。なぜ彼らは、一刻も早く点数を知りたい、と思うのか。それが、彼らの生態なのか?

|

« サムルノリ戦争! | トップページ | ジャケットを探す旅 »

2級4班」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サムルノリ戦争! | トップページ | ジャケットを探す旅 »