« くまのぬいぐるみ | トップページ | フランス料理と学会荒らし »

私のあだ名は「キョスニム」

4級の班に通っている妻からの情報。

語学の先生の間では、私のことを「キョスニム(教授様)」と呼んでいるらしい。「キョスニム」が完全にあだ名になってしまった。

日本人がほとんどいないことと、年齢が上ということもあって、いまや語学堂では有名人となりつつある。

しかもショックなのは、語学の先生方が私のことを説明するとき、「ほら、あのキョスニム」と言いながら、右手でお腹のあたりをポッコリとふくらませる仕草をする、というのである。

つまり、私のことを、お腹の出た「キョスニム」、と表現するのである。

かなり凹む話だ。やはり痩せなければ。

まあそれはよい。もう一つ妻が言っていた言葉。

「言語の習得と精神年齢は相関関係にある」と。

同い年であっても、1級の子と4級の子では、精神年齢が異なるのではないか、というのが妻の仮説。

言われてみればたしかにそうだ。半年くらいしか違わないのに、1級の子と3級の子では、授業態度やものの考え方が全然違う。

いまの3級の班は、かなりまじめな子が多い。考え方もしっかりしている。授業態度も積極的である。

それに対して、1級の子たちは、まるで学級崩壊の小学生のようだった。

だからこそ、面白かったのだが、いまは、授業中にとりたてて事件が起こるわけでもなく、私自身も、彼らの行動や発言にずいぶん慣れてしまった。

加えて、私自身が、授業に追いつくのに必死で、周りをじっくりと観察する余裕がなくなってきた、という事情もある。

この日記は、私自身の成長記録でもあるのだから、それはそれで喜ぶべきことなのかも知れないが、「無駄」な部分が次第に削ぎ落とされてきて、寂しい気もする。

そう。成長する、とは、寂しいことでもあるのだ。

これからも、身の回りで起こったことのありのままを書いていくことにしよう。

|

« くまのぬいぐるみ | トップページ | フランス料理と学会荒らし »

3級6班」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くまのぬいぐるみ | トップページ | フランス料理と学会荒らし »