« こわい話 | トップページ | 完徹学会 »

7時間耐久授業

7月22日(水)

明日から2日間、学会の夏期合宿に参加するため、明日と明後日は語学の授業をお休みする。

ところが、明日は授業時間内にスギ(作文)の試験があり、受けることができない。

マラギ(会話表現)の先生に事情を説明したところ、「では前日の水曜日の、授業終了後に試験を振り替えましょう」ということになった。

1時から5時までは3級の通常の授業が行われているが、そのあと、さらに私だけ残って作文の試験を受けることになった。

そして、1時間の試験時間が終わったあと、6時から2時間、TOPIK(韓国語能力試験)の特講を受ける。

結局、1時から8時まで、7時間ぶっ通しで授業を受けたことになる。

しかも、今日の後半のマラギ(会話表現)の授業は、マラギの試験であった。

例によって、パートナーと2人で、与えられたテーマにしたがって3分程度の会話を作りあげていく、というもの

試験のお題は、以前に授業でやったところから出るので、ある程度予想することができる。

前日、試験に出そうなテーマについて、片っ端から会話の完全台本を作った。

そして当日の休み時間、その完全台本を見ながら試験準備をしていると、先生が近づいてきて、私の作った完全台本に気づいた。

先生はあきれたような顔で、「マラギの試験なんですから、(完全台本なんて書かずに)チングと会話の練習をしなきゃダメですよ!」とたしなめる。

正論である。だが、その肝心の、今回のパートナーであるチョン・ヤッポ君が欠席しているので、練習することもできない。

急遽、パンジャンニム(班長殿)ことクォ・チエンさんとペアになることになった。クォ・チエンさんは、リュ・リンチンさんともペアを組むので、2回試験を受けることになる。

そして試験開始。出されたテーマは、「修理センターの職員とお客さんの電話での会話」。

電気製品が壊れたので、客が修理センターに電話して、故障した内容の説明や、修理の依頼をする、という会話である。

パソコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、DVDプレーヤーの中から、壊れた電気製品をくじで決める。

私の組は5番目。くじを引くと、「テレビ」が出た。テレビの故障について、会話しなければならない。

最初の数分で、パートナーと小声で打ち合わせをする。「テレビ」のどこが壊れたとか、何時に修理に来てもらうとか、会話の組み立てを打ち合わせするのである。漫才でいうところの「ネタ合わせ」である。

「どこが壊れたことにする?」「画面が急に真っ黒になったとかは?」「いいね。それと、チャンネルが動かなくなったとか」「うん、その2つにしよう」といった感じである。

「ネタ合わせ」が終わると、いよいよ試験の開始である。先生やほかのチングが聞いている前で、「修理センターの職員と客の会話」を、作りあげてゆく。

私の組は、なんとか無事終わった。

さて、最後の組の時、事件が起こった。

クォ・チエンさんとリュ・リンチンさんのペア。引いたくじは「冷蔵庫」だった。

さっそく小声で2人の打ち合わせがはじまる。私は前の方の席だったので、彼女たちの小声の打ち合わせが、耳に入ってきた。

「どこが壊れたことにする?」「電気がつかなくなった、てのはどう?」「あと1つは?」「変な音が鳴る、にしよう」

いよいよ、会話の開始。

「こちらは○○修理センターです。どうしましたか」

「冷蔵庫が壊れたので電話しました」

「どうなさったのですか?」

「昨日までは大丈夫だったんですけど、今日になって故障したらしいんです」

「具体的には、どこがどう故障したんでしょうか」

「電気がつかなくなりました」

ブッ!

何だ?いまの音は?

どうも、居眠りしていた某君が、放屁したらしい。

居眠りしていて、お尻の穴がゆるんでいたのか?

みんながその音に気づき、いっせいに大爆笑する。

「いいから会話を続けなさい!」と先生。

2人は笑いをこらえながらも、会話を続ける。

「ほかに故障したところはありますか?」

「変な音が出るんです」

たしかにいま、変な音が出たよな。

だが、これはアドリブのセリフではない。彼女たちが「ネタ合わせ」で考えてきたセリフである。

そのセリフの絶妙のタイミングに、一同はまたもや爆笑。

爆笑のうちに試験が終了。

すべてが終わって、先生が聞いた。

「さっき、変な音を出した人がいましたねえ。誰が出したんですか?!」

するとみんなが答えた。

「冷蔵庫でーす!」

かくして、緊張感のないマラギの試験は、終了した。

|

« こわい話 | トップページ | 完徹学会 »

3級6班」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こわい話 | トップページ | 完徹学会 »