« 特講、開始。 | トップページ | 中間考査(3級) »

3級6班の人びと

7月2日(木)

ワン・ウィチョン君(ワン・ウィンチョ君ではない)が、久しぶりに授業にあらわれる。

3級を何度も経験している「ベテラン」で、もういいかげん大学入学を決めなければあとがないらしい。

授業開始直前、その彼が、手ぶらで教室に入ってきた。

教室の中にある、テレビの置いてあるところまで行き、(観音開きになっている)テレビ台の扉を開けて、テキストをとりだした。

自分のテキストを、家に持ち帰らず、教室のテレビ台の中に保管していたのである。

そういえば、高校時代、教科書を教室に起きっぱなしにしているやついたな。

「そんな人、うちの班にもたくさんいるよ」と妻。

今や教室のテレビ台は、テキストの保管場所となっているようだ。

そればかりではない。妻の班(クラス)では、授業の休み時間に、カップラーメンを作って食べる人がいるという。

1時間目の休み時間(10分間)に、カップラーメンを買いに行く。

2時間目の休み時間(10分間)に、今度はそのカップラーメンにお湯を入れる。

ところが、わずか10分ではカップラーメンを食べ切ることができない。

そこで、授業が始まると、その食べかけのカップラーメンをテレビ台の中にひとまず入れて、3時間の休み時間に取りだして再び残りを食べる、というのである。

そんなことをしたら、麺が完全に伸びちゃうじゃないか、と思ってしまうのだが、彼らはあまり気にしないらしい。

妻の班は午前中の授業なので、さしずめ「早弁」というやつだろう。私も高校時代に経験があるので、気持ちはよくわかる。

いまや学生にとってテレビ台の中は、便利な保管庫である。それを知った先生は学生たちに、「もっと大きいテレビ台を買いましょうか?」と、苦笑しつつ冗談を言ったという。

さて、後半の授業。

2回目のスギ(作文)の試験。例によって、まずグループに分かれて、与えられたテーマについて、話し合いを行う

今回の作文のテーマは、「友達と一緒にルームシェアすること」についてである。

ルームシェアの、良い点と悪い点をあげて、それを書き出してゆく。

リュ・ジュインティンさんは、とてもまじめだが、ちょっとどこかがズレている。

そこがなかなか面白くて、つい観察してしまうのだが、今回は同じグループになった。

ルームシェアの悪い点、について、リュ・ジュインティンさんが提案する。

「部屋のお金を、みんなで分けて支払うことです」という。

「え、それって、良い点じゃないの?」私はビックリして聞いた。

部屋代や公共料金を折半するのだから、ひとりで暮らすよりはお金がかからないことになる。というか、ルームシェアの一番のよさって、そこなんじゃないの?と思ったのである。

「でも、不公平になるじゃないですか」と、リュ・ジュインティンさんが、大まじめに反論する。

「たとえば、全部で部屋代と公共料金が1カ月30万ウォンかかったとしますよね。それを、一緒に住んでいる4人で分けて、1人10万ウォンずつ払うとすると、1人払わなくて済む人が出てくるじゃないですか。だから、どうしても不公平になってしまうんです」

??????

よくわからない理屈だ。

そんなもん、公平に負担する方法なんて、いくらでもあるだろ!と思ってしまうのだが、なんと返答してよいかわからない。

すると、隣で聞いていたリン・チアン君が反論する。

「ボクも友達と住んでますけど、みんな同じ額を集めて支払いをして、余った分は、次にまわしたり、一緒に食事するときに使ったりしていますよ」

そうそう、そういうことだよ。

リュ・ジュインティンさんは、まだ納得しない様子で、首をかしげている。

リュ・ジュインティンさんは、とんでもない理屈を駆使して、「ルームシェアの悪い点は、友達と一緒に部屋代を負担することです」と、作文に書いてしまうんだろうか。

うーむ。グループ学習って、本当に難しい。

|

« 特講、開始。 | トップページ | 中間考査(3級) »

3級6班」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特講、開始。 | トップページ | 中間考査(3級) »