« 4級3班、始動。 | トップページ | 打てど響かぬ教室 »

30年後の9月7日

9月7日(月)

マラギ(会話表現)の時間に、科学技術などや医療技術が進歩した未来には、どのような世界が待っているのか、といった話をする。

科学技術や医療技術が発達して、良くなる点や悪くなる点などをあげていく。

そして授業の最後に作文の宿題が出る。

「今日は、未来がどうなるのか、について作文を書いてもらいますよ。でも、ただ単に未来を予測して書くのではつまらないので、30年後の今日、つまり2039年9月7日に起こる出来事を、日記風に書いてもらいます。日記の中に、進歩のおかげで便利になった点や、悪くなった点なども盛り込んでください。面白く書いてくださいよー」

30年後というと、70歳か。科学技術や医療技術の進歩は、どんな幸福をもたらし、どんな問題を引き起こすのだろう。

そこで仕上げたのが次の作文。70歳の私が書いた日記。自分なりに面白く書いたつもりだが、先生にどれだけ伝わるだろうか。

203997일.

오늘부터 다른 회사에 재취직 하게 되었다.이번 회사는 정년이 100살이라서 앞으로 30년동안 일할  있지만 요즘은 사람 대신 모든 일을   있는 로벗이 힘든 일을  주게 되였으니까 내가 언제까지 회사에 다닐  있는지  모르겠다. 친구들 중에서도 실업자가  사람이 많다.수명이 연장된 것은 좋지만 실업 문제가 심해서 장래의 생활이 걱정이다.

즐거운 이야기도 있다.오늘 우리 손자가  나라 여행에서 돌아와서 달의 돌을 선물로 나에게 주었다.우리 손자는 우주에서  지구가 정말 아름다웠다고 감격하면서 말했다.

요즘은  나라 여행에 아주 싸게   있다고 한다. 나라에 1 하려면 10만원밖에  드는다고 한다.그래서  친구들도  나라 여행에 많이 가서   마다 나에게 달의 돌을 선물로 주기 때문에 집에 많이 두고 있다.

|

« 4級3班、始動。 | トップページ | 打てど響かぬ教室 »

4級3班」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4級3班、始動。 | トップページ | 打てど響かぬ教室 »