« 映画に逃避する | トップページ | 髪切った? »

思い出づくりの受験

9月13日(日)

TOPIK(韓国語能力試験)の日である。

せっかく韓国語を学んできたのだから、自分の実力を試してみよう、という軽い気持ちで受けることにしたのがそもそものはじまり。

ところが7月から約1カ月間、週3回、TOPIK対策用の2時間の特講をうっかり受講してしまい、えらい目にあった。もちろん、勉強にはなったのだが、毎日がクタクタになったのである。

で、8月のパンハク(休暇)では、いろいろと予定がつまっていて飛び回っていたため、TOPIKのことなど、すっかり忘れてしまっていた。

9月にはいると、新学期の勉強で、TOPIKどころではない。

おまけに、昨日は呑気に映画なんぞ見に行ってしまった。

7月にあれほど熱心に学んだことは、水泡に帰してしまったのである。

さて、当日を迎えた。

市内から路線バスで1時間かかって、試験会場となっている郊外の大学に行く。

ちょっとした小旅行である。

韓国の路線バスは、どんなに遠くても、初乗り料金で行くことができるので、その点はありがたい。バスで1時間かかるところも、90円ていどで済むのである。

試験会場に行くと、すでに多くの外国人が集まっていた。ま、私もその外国人の1人なのだが。

語学堂で一緒に勉強したチングたちもたくさん来ているようだ。

建物に入ろうとすると、マスクをした係員の方が、受験者ひとりひとりの手に消毒液をかけてくれた。

現在問題になっている新種のインフルエンザ対策であろう。

午後2時から試験開始。前半の1時間半が、文法、語彙と作文、30分の休憩をはさんで、後半の1時間半がリスニングと読解である。

試験監督は、私と同世代くらいの男の先生。やはり私と同じように汗っかきで、今日はたいして暑くないのに、つねに汗を拭いておられる。

前半の試験が終わった休み時間、座って待っていると、試験監督の先生が話しかけてきた。

「試験、難しいですか?」

「ええ、難しいです」

「試験問題を見ましたが、時間が足りないみたいですね。午前中は高級(上級)の試験の監督もしたんですが、やはりみんな難しかったようでした」

それはそうだろう。いま私が受けているのは中級だが、高級(上級)は、韓国語の先生も首をかしげてしまうような理不尽な難問が出る、と聞いたことがある。

「実は私も以前、日本語の試験を受けたことがあるんですが、やはり難しかったです」

日本語を勉強されていたらしい。

試験監督は、試験中に、受験票と、身分証を照合する作業を行う。それを見れば、その受験生の国籍や生年月日を知ることができる。その試験監督は、私の国籍と生年月日を見て、親近感がわいたのかも知れない。

さて、後半の、リスニングと読解の試験。

うーむ。かなり難しい。やはり試験対策を継続してやってこなかったことがかなり痛い。問題数も多く、とても時間が足りない。

うなだれたまま、試験が終わる。

そもそも、昨年末から韓国語を学びはじめたような人間が、軽い気持ちで受けるような試験ではないのだろう。

ま、仕方がない。記念受験だと思えばいいか。

最後に、試験監督の先生に「スゴ ハショッスムニダ(お疲れさまでした)」と挨拶をして、教室を出ようとすると、その先生はニコリと笑って、

「オツカレサマデシタ」

と日本語でおっしゃった。

|

« 映画に逃避する | トップページ | 髪切った? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画に逃避する | トップページ | 髪切った? »