« 思い出の引き出し | トップページ | 酔いどれ映画鑑賞 »

カッパウィ

10月1日(木)

チュソク(秋夕)、ということで、語学堂は今日から4連休。

前々から行ってみたかった「カッパウィ」に行くことにする。

大邱といえばパルゴンサン(八公山)。そのパルゴンサンの稜線の最東端の峰である冠峰、標高850mのところに、「カッパウィ」がある。

カッパウィの「カッ」は、朝鮮時代のつばの広い帽子、「パウィ」は「岩」。「カッパウィ」とは、帽子をかぶった石仏である。

大邱に住んでいるなら、一度は「カッパウィ」を見に行かなければならない、と、いろいろな方に言われてきた。

とくに、カッパウィは、「受験の神様」として、入試のシーズンになると、全国から訪れる人が絶えないという。名所なのである。

そこで、この機会に「カッパウィ」を見に行くことにする。

天気予報を見ると、木曜の晩から金曜日にかけては雨が降るという。

土曜日はチュソクの本番、日曜日に体力温存、と考えると、カッパウィに行けるのは今日しかない。

朝9時に家を出て、路線バスを乗り継いで(401番バス)、1時間ほどで、カッパウィのふもとに到着する。バス料金は、900ウォン(90円弱)。

そこから、ひたすら登り坂である。

Photo 途中から、延々と石段が続く。かなり急激な登り坂である。

以前なら、すぐにねをあげていたところであるが、8月末の慶州南山登山以来、山登りが、それほど苦にはならなくなってきた。決して、登山にハマったわけではないのだが。

1時間ほどかかって、カッパウィのある峰の頂上に到着した。すでに多くの人びとがお祈りしている。

Photo_2 カッパウィは、予想以上に大きかった。

石仏の頭には、傘のような帽子がかぶさっている。ちょっと見ると、頭の上に皿のようなものがのっていて、それが「カッパ」を連想させるので、「カッパウィ」という語感も、実にしっくりとくるのである。

Photo_3 ここからの眺めもまた、すばらしい。

平日にもかかわらず、実に多くの人が登ってきている。たしかに、登る甲斐のある場所だ、と思う。

登ってきた石段を下り、ふもとで昼食(きのこ鍋)を食べて、再びバスで帰宅。家に着いたのは、午後3時前であった。なんともお手軽な登山である。

天気予報どおり、夜からは雨が降った。

|

« 思い出の引き出し | トップページ | 酔いどれ映画鑑賞 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い出の引き出し | トップページ | 酔いどれ映画鑑賞 »