« 消えた携帯電話 | トップページ | 女優たち »

韓国語で講義

12月14日(月)

3週間ほど前のことである。

大邱にある私立大学のある先生から、電話があった。

その先生とは、毎週木曜日の夜に行われている研究会の席で、何度かお会いした先生である。

「今度、うちの大学の学生に向けて特講(特別講義)をお願いしたいんですが。主題は何でもいいです。自由に決めてください」

「時期はいつごろですか?」と私。

「12月です」

12月、というと、来月か。

それにしても、どんな主題でもよい、とは、かなりの「むちゃぶり」である。それに、どんな趣旨で呼ばれて講義をするのかも、よくわからない。

先生が続ける。

「奥さんとお2人でお願いします。講義の時間は50分です」

同業者である妻にも、講義を依頼する、ということらしい。

私が聞く。

「それは2人で50分ということですか?」

「いえ、ひとり50分ということです。ですから合計で2時間の講義です」

そして私は、もっとも気になっていることをたずねた。

「講義は日本語ですればよいですか、それとも韓国語ですか?」

「当然韓国語でしょう。日本語がわかる人は1人もいませんから」

やはり恐れていたことは当たった。韓国語で講義をすることになったのである。この先生は、私の韓国語の能力を買い被っておられるようである。

「ま、大学院生はいないし、対象は大学生なので、簡単に考えてもらえばいいです。細かい内容はあとでメールで送りますから、じゃ」

電話が切れた。

だがその後、まったく連絡がなかった。

どういう趣旨の行事なのか、場所が大学の中のどこなのか、聴講する学生が何人くらいいるのか、など、全然わからない。

韓国では、こういうことが多い。

学会や研究会で発表するときなどでも、当日まで、まったく連絡がなく、会場に行ってみてはじめてその概要がわかる、ということは、よくある。

今回も、「12月14日の午後3時から韓国語で50分講義をする」ということだけがわかっていて、ほかの情報は全くない。

仕方がないので、とにかく50分でまとまるような内容の講義の準備をすることになった。

当然、アドリブなどできるはずもないから、完全原稿に近い形で、原稿を韓国語で作りあげる。しかも、時間的にせっぱ詰まっているので、ネイティブの人によるチェックなど、お願いすることもできない。

おりしも、調査旅行や学会発表の時期とも重なっていて、時間を見つけては原稿作成にとりかかる。

前日は、実に8時間以上も喫茶店に居座って、原稿作りとパワーポイントづくりに追われた。

(休日に、まる1日使って、何でこんなことをやっているんだろう…)と、泣きたくなってきた。

そして、翌日。すなわち今日。

午前中、助教の方から、ようやく連絡が来て、「2時半までに、師範大学(日本でいうところの教育学部)の4階の事務室に来てください」という。

「学生の数は何人ですか?」

と聞くと、

「60人くらいです」

と答えた。

地下鉄とバスを乗り継ぎ、1時間以上かけて、約束の時間に大学に到着。担当の先生方と少し話をする。

どういう趣旨の特講なのか、と聞くと、「実は大学評価の関係上、どうしても日本人の先生による講義をやる必要が生じて」ということらしい。

要は、アリバイづくりのためね。

そして3時。いよいよ講義が始まった。

前半50分は妻の講義。そして後半50分は、私の講義。

パワーポイントを使用しながら、用意した原稿をもとに講義する。

50分、あっという間に終わった。50分間、韓国語で話しきった!

学生たちが、どの程度理解できたのかはわからない。

でも、私にとっては満足な講義だった。

なにしろ、1年前には考えもしなかった、韓国語による講義ができたのだから。

なにより、大きな自信につながった。

しかし、韓国語の講義は、いきなりできたわけではない、と思い直す。

語学院での3分マラギ、そして、修了式での発表。その積み重ねの結果であることを実感する。

講義をしながら、気がついたこと。

聞いてくれる学生の姿を見るのは、やはり楽しい。

それは、日本も韓国も同じだ、ということがわかった。

私は、ふだん無愛想で、人と話をするのが苦手だが、大勢の人の前で話すのは、実はあまり嫌いではない。

それは、聞いている学生の姿を見るのが、好きだからだろう。

久しぶりに講義をして、そのことを思い出した。

|

« 消えた携帯電話 | トップページ | 女優たち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消えた携帯電話 | トップページ | 女優たち »