« いまさら「ヨン様」 | トップページ | 容赦はない »

極寒のソウル

原稿の2つめのヤマを越えていないので、簡単に書くにとどめる。

1月15日(金)

学会の定期発表会のため、ソウルに行く。

今日の主役は、妻である。妻がはじめて、韓国語で学会発表する。韓国で学会発表することじたいがはじめてだから、今日は記念すべき日である。

かなり前から、韓国語の論文、読み原稿、パワーポイントを準備していた。

おかげで、当日はほぼ完璧に発表を終える。発表のあとの討論も、問題なくこなす。

韓国へ来て8カ月でここまでたどりつくのは、驚異的である。学会に参加した人たちも、一様に驚いていた。

私は、といえば、でくのぼうのように横に座っていて、「奥さんの方がはるかに韓国語がお上手ですね」と、いろいろな人にからかわれるのを、ただ笑って受け流すことくらいしかできなかった。

私も、帰国前に1度、韓国語で学会発表を経験してみたかったが、結局、それはかないそうもないようだ。まあ、慌てることはないだろう。

この日のソウルは零下10度以上はあっただろう。今年の冬のソウルの寒さは、ある人によれば、60年ぶりの寒さだろう、という。

とてもソウルに泊まる気はおきず、2次会を途中で失礼して、最終のKTXで大邱に戻った。

|

« いまさら「ヨン様」 | トップページ | 容赦はない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いまさら「ヨン様」 | トップページ | 容赦はない »