« 最後の(?)帰国祝い | トップページ | 欠席の宴(うたげ) »

記憶をたどれ!

5月26日(水)

会議が早く終わった。

というより、進行役の私が早く終わらせただけなのだが。

会議が思ったより早く終わるときほど、うれしいことはない。トクした気分になるのだ。

研究室に戻り、一息ついていると、10日ほど前のことを思い出した。

そういえば、必要があって何かの本をめくっていたとき、本来の目的とは全然別のところを見ていて、

(お!大発見だあ!)

と思ったなあ。これで原稿のネタがひとつできたぞ!という感じの発見だった。

ところが、ずぼらな私は、その時の「発見」をメモにとっていなかった。

あれ?何を見て「大発見だあ!」と思ったんだっけ?

どうしても思い出せない。まったく思い出せないのである。

私の研究室はかなり散らかっている。もしここで思い出せなかったら、もう永遠に、あの「大発見」は埋もれたままになってしまうだろう。

何としてでも思い出さなければならない。

いくら思い出そうとしても、何の本だったのか、まったく思い出せない。ひょっとして、あれは夢だったのか?

そこで作戦変更。ここはいったん冷静になろう。

本を思い出すのではなく、その本を見ていたときの「状況」を思い出すことにした。

どういう状況で本を見ていたのかを、思い出そうとする。座っていたのか、立っていたのか、とか、ドアに背を向けていたのか、ドアの方を向いていたのか、とか、本を手に取って見ていたのか、机に置いて見ていたのか、とか。

しだいに、発見当時の状況が復原されてゆく。

それはあたかも、映像がゆっくりと逆回転するがごとくである。

そして、ついに1冊の本にたどり着いた。

(はて、この本だったか?)

どうもこの本は、「大発見」とは結びつきそうにない。

半信半疑で、その本の頁をめくっていると、

あった!あった!ありました!

たしかにこれだった。

ただ、冷静に見てみると、思ったほどの「発見」じゃなかったな。

それでもまあよい。あやうく永遠に記憶の穴の中に埋もれてしまうところを、呼びもどしたのだから。

この時点ですでに1時間近くが経過。結局、会議が早く終わったおかげで浮いた時間が、この記憶をたどる旅に費やされてしまった。人生、イッテコイだな。

|

« 最後の(?)帰国祝い | トップページ | 欠席の宴(うたげ) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の(?)帰国祝い | トップページ | 欠席の宴(うたげ) »