« 大雨のソウルより5 東大門市場 | トップページ | 足痛の理由 »

続・面接必勝法

9月1日(水)

韓国から帰国したあと、突然左足が痛くなった。例の病気である。動くのが、かなりしんどい。

昨日、かかりつけの病院に行くが、「今日は予約でいっぱいです。明日来てください」という。

そんなこと言われても、こっちは痛くてたまんないんだけどな。

「どうしてもダメですか」

「ダメですね。午後の予約にキャンセルが出れば別ですけれど」

「じゃあ、せめて薬だけでも出してもらえませんか」

「それも無理ですね。それにいま、先生は手術中ですし」

いま、先生の判断を仰ぐことはできない、ということらしい。

「じゃあ、ほかの病院を紹介してください」

「私の判断ではなんとも…」

たしかに、受付の人では無理なことはわかっていた。しかし状況は、それどころではないのだ。

結局、なしのつぶてだった。

今日の午前中、ようやく診察を受け、薬をもらう。痛み止めの薬をふだんの倍飲んで、職場に向かった。

午後の会議を無事終え、たまっている原稿を書こうかと思っていると、ドアをノックする音がした。

4年生のA君、Kさん、Nさん。いつもの3人である。

私に不味いラムネを味見させた、「ラムネ3兄弟」である。

「実はお願いがあるんです」という。

「こんど、Kさんがはじめて就職の面接試験を受けるんです。それで、面接の練習をお願いできませんか」とA君。

私に、面接担当者の役になってくれ、というのだ。

「いままでボクとNさんが、面接官の役になって練習していたんですけど、学生どうしだとどうも緊張感がなくって…」

そんなA君とNさんは、すでに何度も、面接を受けている経験があった。だから、面接がどんな雰囲気だとか、どんな質問が出るか、といったことは、熟知しているのである。

だが、いかんせん友達どうしの練習では、緊張感に欠ける、というのだ。

そこで、急遽、面接の練習がはじまる。

もちろん、私の研究室は散らかっていてダメなので、他の部屋を使わせていただくことにする。

ドアをノックして入ってくるところからはじまる。本番さながらの練習である。私が面接の主担当、A君が副担当になり、Nさんは書記である。

手もとの「面接カード」をみながら、質問をはじめる。

Kさんは、どんな質問にも、よどみなく答えていた。これまで相当準備していた様子がうかがえる。

だがこれでは練習にならない。想定にない質問をしなければ意味がない。

「『最近関心をもっていること』に○○○とありますね」と私。

「はい」

「では○○○の対策に必要なことを、3つあげてください」

唐突に「3つあげろ」とは、意地悪な質問だが、それでもKさんはよどみなく答えたのである。

そんなこんなで、20分の面接時間が終了。

かなりよくできていた。

面接終了後、他の2人からもKさんにコメントがあった。「一番初めの練習のときよりも、格段によくなった」と、高評価である。

すごいな、と思うのは、あたりまえのことだが、3人が3人とも、真剣にとりくんでいる、ということだ。前向きな姿勢もすばらしい。

書記を担当したNさんは、面接のあいだ、やりとりの様子を克明に書きとめ、それを終わってからKさんに渡していた。今回の練習をふまえて、さらに上をめざすために、である。

短期間で格段によくなっていく、というのも、理由があることなのだ。

うーむ。やはり学んだのは私の方だったな。

やってみて、こちらもいろいろなことがわかった。

「3つあげる」方式は、なかなかいいんじゃないか?

たとえば、「どうしてわが社で働こうと思ったのかを教えてください」(民間)とか、「わが町(県)の魅力はどういうところにあると思いますか」(公務員)といった質問が仮に出たとする。

「3つあります。それは、…」

と、答えを常に3つ用意しておけば、ほとんどどんな質問にも対応できるのではないだろうか。まさか、「4つあげなさい」とか「5つあげなさい」と指定する質問は出ないだろう。

それに、最初に「3つあります」と述べた方が、聞いている方も頭の整理がしやすい。

次に、長所や短所を述べる場合である。どういう点を短所として述べるべきかについては、前に書いた

その、短所を述べる場合、具体的な例をあげたほうがわかりやすいかも知れない。

たとえば、

「自分は慎重すぎる点が短所です」

と言ったとする。だがこれだけでは漠然としていてよくわからない。

「この前も、家のガスの栓を閉めただろうか、とか、家の鍵を閉めただろうか、といったことを、何度も何度も戻って確認したせいで、バスに乗り遅れてしまいました」(これは私の実話)。

こういった実例をあげれば、聞いている方もわかりやすい。それに、この種の実例は、一種の「あるあるネタ」として受け入れやすいのである。

そしてなにより重要なこと。

それは、「場数をふむこと」である。

向上心をもってくり返し練習することだ。

Kさんは、それを証明してくれたのである。

|

« 大雨のソウルより5 東大門市場 | トップページ | 足痛の理由 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大雨のソウルより5 東大門市場 | トップページ | 足痛の理由 »