« Back to 80年代 | トップページ | 復調のきざし »

Back to 80年代 その2

もう少し、80年代の音楽について書く。

私にとっての80年代音楽のキーワードは、「フュージョン」である。

ジャズを基調として、ロックなどの要素をとりいれた、インストゥルメンタル。

これが私の理解する「フュージョン」である。

80年代は、フュージョンの全盛期だった。FMラジオでもフュージョンの特集が組まれたり、テレビでも、フュージョンバンドのライブがふつうに放送されていた。私は、渡辺貞夫、ザ・スクエア、カシオペア、MALTAなどをよく聞いた。高校時代にはライブにもよく行った。

夏に各地で行われるジャス・フェスティバルにも、フュージョンバンドは引っぱりだこだった。

フュージョンの特徴は、なによりも「わかりやすいメロディ」。そして、「聞きやすさ」。

底抜けに明るいメロディであろうと、センチメンタルなメロディであろうと、それが実にストレートに表現される。

だから、喫茶店やスーパーマーケットのBGMとして、「安く」使われることもあった。

フュージョンが流行し、私が好んで聞いていることを言うと、昔からジャズに心酔していたという友人は、眉をしかめた。

正統派のジャズが好きな人からみれば、邪道だったのだろう。

同じように、ジャズからフュージョンに転向したミュージシャンは、かたくなにジャズを守り通しているミュージシャンから、どう思われていたのだろう?邪道だ、と陰口を叩かれていたのだろうか。

だが、渡辺貞夫がジャズの楽しさを日本に広めたことは、何人も否定することはできまい。

「わかりやすい」とは、偉大なことなのだ。

80年代は、そうした「ストレートなわかりやすさ」が受け入れられていた時代だったのではないか。

だが、不思議なことに、90年代に入ると、人気を博したフュージョンバンドのどれもが、急速に精彩を欠いていく。テレビやラジオでの露出も極端に減っていくのである。

渡辺貞夫も、90年代以降、新しい音楽を追究していくことになる。

なぜか80年代にのみ受け入れられたフュージョン。だから私にとって、フュージョンは80年代の音楽の象徴なのである。

|

« Back to 80年代 | トップページ | 復調のきざし »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Back to 80年代 | トップページ | 復調のきざし »