« 漫才台本 | トップページ | 被災地に寅さんを!(追記あり) »

チャーハン

3月20日(日)

「忘れた頃に更新する」でおなじみのこぶぎさんのブログで、私のハンバーグ弁当に刺激されたのか、炊飯器でケーキを作った写真を載せていた。題して「こっちも料理ショー」

Photo別に対抗しようというわけではないのだが、念願の卵が手に入ったので、チャーハンを作ってみた。いい歳をしたひとり暮らしのオッサンの「自炊ブーム」が来た、ということか。

午前、義援金を持っていこうと、市役所まで歩いていった。平日は職場との往復だったので、市内に出るのは久しぶりである。

市内の目抜き通りを歩いていると、後ろから声をかけられた。

「市役所はこの先ですか?」

振り返ると、団塊の世代の夫婦、といった感じの方である。

「そうです。この通りをもう少し行った左側です。私も市役所に行くところです」と私が言うと、

「もしかして、どこかから避難されてきた方ですか?」と聞かれた。

「いえ、ここに住んでいる者です。…ひょっとして、どこからかいらっしゃったんですか?」

「ええ、福島です」

「そうですか。避難所にいらっしゃるんですか?」

「いえ、息子がたまたまこっちの大学にいて、アパートを借りているんで、とりあえずそこに避難しています」

「失礼ですが、福島のどちらですか?」

「南相馬市です」

「そうですか。南相馬市の何区でしょうか」

「小高区です」

「とすると、南の方ですね」

「ええ、原発の近くです。だから、当分は戻れんのです。いっそ、このあたりに居を構えようかと思って。いつまでも息子のところにいるわけにもいきませんし。それで、市役所に行って、どうすればよいのか聞いてみようと」

「そうでしたか。私の知り合いにも、原町区の方がいて、県外に避難されました」

「そうでしょう。いまはとにかく、知り合いをたよって全国どこへでも避難しないと…。私も早く落ち着く先を見つけて、身内を呼び寄せなければなあと思ってるんです。高齢者もいますしね」

市役所に到着した。

だが、市役所は閉まっていた。休日だから当然といえば当然である。

「閉まってますねえ」

「さっき地図で調べたら、この近くに不動産屋さんがあるみたいなので、そっちに行ってみます。どうもありがとうございました」

そう言うと、ご夫婦は不動産屋に向かった。

結局、何もお役に立てなかったなあ。

いま来た道を南に引き返すと、目抜き通りには多くの人々が行き交っている。

(この方たちもどこかから避難してこられたのだろうか…)などと考えながら歩いていると、中心街が終わったあたりで、4人家族(両親と、高校生くらいの娘2人)らしき人たちとすれ違った。

「会津と変わらないか…。ね」お父さんが、娘たちに言う。

「うん、そうだね」娘が答えた。

4人は、目抜き通りを北に進み、デパートのある中心街の方へと歩いていった。

|

« 漫才台本 | トップページ | 被災地に寅さんを!(追記あり) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 漫才台本 | トップページ | 被災地に寅さんを!(追記あり) »