« 復讐にはワルツが似合う | トップページ | 自意識過剰のなせる災い »

ライスペーパーの惨劇

5月9日(月)

風邪が全然治らない。市販の薬を飲んでも全然効かない。

ということで、午前中、病院に行くことにした。

ふだん、風邪くらいでは病院に行かないのだが、この時期に風邪を引いてしまうと、のちのちの仕事に差し支える。

病院で薬をもらい、午後の授業をこなし、夕方、ある仕事で片道50キロのところまで車を走らせる。

で、家に戻ったのが9時過ぎ。風邪は治るどころか、ちょっと悪寒がする。

(いまから夕食を作るの、面倒くさいなあ…)と思いつつも、(風邪が治らないのは、野菜が足りないからだ)と思い直し、野菜が多くとれる食事を作ることにした。

そうだ!生春巻きだ。

生春巻きは、サニーレタスだとか、ニラだとか、キュウリだとか、意外に野菜を多く摂取できる。それになにより美味しい。

大型連休中、妻が何度か家で作っていた。私も「エビを煮る」「野菜を切る」くらいは手伝った。

だが、肝心の「ライスペーパーで具を巻く」という作業だけはやらせてもらえなかった。ま、見よう見まねでやればなんとかなるだろう。

ということで、スーパーで食材をそろえることにした。もちろん、生春巻き用のスイートチリソースも買う。

エビを煮るのは面倒だから、代わりに焼き豚を使うことにする。ビーフンはスーパーになく、以前、ひとり鍋をやるときに使ったマロニーが家に残っていたのでそれで代用することにした。

家に帰って、さっそく生春巻き作りのスタートである。

「ライスペーパーは、長時間水につけておくとエライことになるから、具を巻く直前に1枚ずつ水につけた方がいい」という妻の言葉を思い出し、袋から1枚ずつ取り出し、水につけることにした。

ライスペーパーって、最初はプラスチックみたいに堅いのね。少し水につけたくらいでは柔らかくならないなあ、と思ってしばらく待っていると…、

急激に柔らかくなり出した!で、そのあとは皮どうしがひっついてしまって、取り返しがつかない感じになってしまった。

(これか…、妻が言っていたことは)

2枚目からは、サッと水につけ、まだ堅いうちに具をのせていった。具をのせていくうちに、いい感じでライスペーパーが柔らかくなっていく。

だが、なかなかきれいに巻くことはできない。具が多すぎるせいかも知れない。とりあえず、筒状に巻いて、できあがったものから皿にのせていく。

焼き豚も野菜も、ちょっとずつしか使っていないはずなのに、ライスペーパーの使用枚数がどんどん増えてゆく。そしてできあがった生春巻きを、皿にどんどん積んでゆく。

すると、みるみるうちに、ビックリするくらいの量の生春巻きができあがってしまった。数にして、10個くらいはあっただろうか。

皿には、こんもりと生春巻きの山である。

ふだんお店で食べるときだって、多くて2個が関の山である。それを10個って…。

でもまあいいか。食材の量としてはそんなに多くはないはずだから、野菜を多くとるつもりで、すべて食べてしまおう。

さあそれじゃあ食べるとするか、と、皿から生春巻きを1個とろうとして驚いた。

(と、とれない…)

できあがった生春巻きを小さい皿に重ねて積み上げていった結果、いつの間にかライスペーパーの皮どうしがひっついてしまい、生春巻きがとれなくなってしまったのである。10個の生春巻きは、完全に一体化してしまったのだ!

これではまるで、10個の生春巻きではなく、1個の巨大な生春巻きである。

(どうしよう…)

仕方がないので、皿にこんもりと山のようになった巨大生春巻きを、少しずつ突き崩しながら、食べていくことにした。

巨大生春巻きは、見るも無惨な姿で突き崩されていく。

(ひとりでよかった…こんな姿、とても他人には見せられない)

食べるそばからボロボロと崩れてゆく無惨な姿は、もはや生春巻きではなかった。単に生野菜を、スイートチリソースにつけて食べているのと一緒だ。

…風邪がますます悪化した気がする。

今日の教訓はふたつ。生春巻きを作るには、生春巻きどうしがくっつかないくらいの広い皿が必要である。

そしてもうひとつは、マロニーは生春巻きには全然合わない!やはりビーフンでないと。

|

« 復讐にはワルツが似合う | トップページ | 自意識過剰のなせる災い »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復讐にはワルツが似合う | トップページ | 自意識過剰のなせる災い »