« 対談は人なり | トップページ | 蚊帳の効果か »

広げた蚊帳はたためない

7月11日(月)

朝から、原稿を書くぞ!と勇んで職場に行くが、なにしろ暑くて、何もできやしない。

ぐったりしたまま、午後、授業をしていると、雷が鳴り出し、大雨が降り出した。

今日は夕方から例の作業なのだが、これでは屋外での作業はとてもムリである。

ということで、急遽、建物の中で作業を行うことにした。

3 夕方5時、作業している部屋に行ってみると、すでに数人の学生が作業をはじめていた。看板もすでにできあがっている様子である。さすが、仕事が早い。

学生たちはすっかり手慣れた感じで、井戸端会議に花を咲かせている。

たしかに井戸端会議はストレスを解消する効果があると書いたが、それにしてはよく喋る。もう少し慎んでもいいんじゃないか、とも思ったが、仕事の手が止まっていないのがすごい。

携帯電話が鳴った。前の職場で同僚だったKさんからである。

「いま雨ですよね」

「ええ」

「今日の作業は中止ですか?」

「いえ、建物の中でやってます」

「それはよかった」

「…ひょっとして、こちらにいらっしゃるんですか?」

「まさか、50キロも離れているので行けませんよ。ちょっと心配になったもので電話したんです」

「それはどうも。おかげでうちでも無事にはじまりました」

前の職場では、Kさんの指揮の下、、数週間前からすでに作業がはじまっていた。うちの職場が、最も後発である。

「メールを読みましたが、うれしさが伝わってくる内容でした」

「そうですか」

「がんばってください」

「ありがとうございます」

Kさんはエールを送ってくれたのだな。気にかけていただいていることに感謝した。

作業している部屋に戻ると、少しずつ、人が増えてきた。総勢10名となり、先週の金曜日とほぼ同じ人数になった。

もうすぐ7時になろうか、というとき、卒業生のT君が息を切らせながら、部屋に入ってきた。

「蚊帳を買ってきました!蚊帳!」

居合いの胴着を着たT君は、片手に真剣、そして片手に蚊帳を持っていた。

「すいません。これから居合いの練習なんです」

そういうと、T君は新品の蚊帳を袋から出して広げだした。居合いの胴着を着て蚊帳を広げる姿は、なかなかシュールである。

Photo 「どうです。大きいでしょう」

人が2人くらい入ることができるくらいの大きさである。屋外作業中の虫対策は懸案事項だったが、これで少なくとも2人くらいは、虫に悩まされなくてすむ。

ただ残念なことに、今日は建物内での作業だったので、蚊帳の出番はなかった。

「残念だけど明日の作業で正式にお披露目した方がいいな」

ということで、蚊帳をたたむことにしたが、いったん広げてしまった蚊帳は、なかなかたためない。3人がかりで四苦八苦して、なんとかもとの通りにたたむことができた。たたみ方も、徐々に慣れていくだろう。

かくして午後7時、本日の作業は終了した。

|

« 対談は人なり | トップページ | 蚊帳の効果か »

クリーニング作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対談は人なり | トップページ | 蚊帳の効果か »