« ローマの祭り | トップページ | 屋根までとんだ »

アンニョン!留学生

9月22日(木)

韓国のZ大学から留学生が3人来ることになった。

本当は4月に来る予定だったのだが、震災の影響で、半年遅れて留学することになったのである。

「いよいよ22日に3人がこちらに来るので、駅まで迎えに行こうと思うのですが、先生はどうされますか?」3年生のOさんからメールが来た。

Oさんは先月、2週間ほど韓国のZ大学の短期研修に参加していた。今度来る3人のこともよく知っていたので、駅での出迎えをかってでてくれたのである。

「午後は予定が空いてますから、私も迎えに行きますよ」軽い気持ちで返事をした。本来、私にその義務はないのだが、留学初日というのは、誰でも不安なものであり、私もそれを身に染みてわかっていた。たとえ役に立たなくとも、1人でも多く出迎えの者がいた方が、留学生も安心だろうと思ったのである。

「2時50分にバスが着くそうです」

「どこに?」

「たぶん、駅前のロータリーだと思います」

うーむ。どうも不安である。長距離バスは、駅前のロータリーにとまるとは限らないからである。

職場を2時すぎに出て、Oさんと、すでに4月からこちらに留学しているイさんと3人で、駅前のロータリーで待つことにする。だが、待てど暮らせどバスが来ない。

不安になったので、駅の案内所に聞いてみた。

「あのう…、2時50分に到着する長距離バスは、どこでお客さんをおろすんでしょうか?」

「少々お待ち下さい」案内所の職員が、いろいろと調べてくれた。「駅前のロータリーじゃないですね。銀行の前です」

「そうですか」

あわてて、銀行まで移動する。

そのうちOさんのところに電話が来た。留学生からである。

「バスが遅れているそうです。到着は4時20分になるそうです」

台風の影響だろう。4時20分までドーナツ屋さんで時間をつぶし、再び銀行まで行くと、ちょうどバスが来ていた。

「オンニ(お姉さん)!」とOさんは、バスから降りてきた女の子に声をかけた。3人は無事到着したようである。

さっそく、留学生がこれから1年間生活する寄宿舎へと移動する。

寄宿舎に入ると、寄宿舎を取りしきっているMさんという女性の方が、3人の留学生に、寄宿舎での注意事項を説明した。

この寄宿舎には、世界各国から生活習慣の異なった留学生がやってくる。だから、最初にきっちりと、寄宿舎での規則を厳格に説明しておかなくてはならないのである。

そのうち、続々と留学生がやってくる。連れてきたのは、留学生担当の職員、Kさんである。

「お疲れさまです」

「このあと、また別の留学生を迎えに行かなくてはならないので、また戻ります」

「そうですか。今日は入居ラッシュなのですね」

「ええ、今日は全部で10人の留学生が来ることになっています。昨日来るはずの留学生も、台風の影響で今日来ることになったりして、何時に着くのかわからない学生もいるんです」

「連絡はとれないんですか?」

「ええ、とれない留学生もいるんです」

かなりテンパっているように見受けられた。

なにしろ、3年生のOさんや私まで留学生の出迎えに借り出されるくらいなのだから、うちの職場がいかに人手不足なのかがわかる。今日は留学生を迎える側にとって「てんてこ舞いの日」なのだ。

Mさんの説明がひととおり終わり、各自が部屋に荷物を置く。少し落ち着いてから、ちょっとしたものの買い出しに行く。

これは私の偏見かも知れないが、女子は、買い物をする時間が異常に長い。

洗濯洗剤1つ選ぶにも、匂いをクンクンかいだりして吟味している。

こっちからしたら、別に汚れが落ちればどれだっていいじゃん、と思うのだが、そういうわけにはいかないらしい。

そして選んだのが、「おしゃれ着洗い」の洗剤であった。

「これにするの?」

「ええ、匂いが気に入りました」

「でも、これは『おしゃれ着洗い』用の洗剤で、ふつうの洗剤ではないよ」

「え?そうなんですか?じゃあこっちかな…」

と手にとった洗剤もまた、「おしゃれ着洗い」の洗剤である。

「これも『おしゃれ着洗い』の洗剤だよ」

「そうですか…」どうやら、「おしゃれ着洗い」の洗剤の匂いが、いたく気に入ったらしい。

ようやく買い物が終わり、今度は近くのファミレスで夕食である。

このファミレスには、ドリンクバー、サラダバー、スープバーなどがある。

「ドリンクバーはドリンクが飲み放題、サラダバーはサラダが食べ放題、スープバーはスープが飲み放題という意味ですよ」

「じゃあ私、ドリンクバーにします」そういって注文した学生は、ドリンクバーから、3つのコップにそれぞれコーラ、カルピス、メロンソーダを入れて、テーブルに持ってきた。

そしてテーブルの上に、それぞれ色の違うジュースが入った3つのコップをならべたのである。

「それ…ダメだよ」

「どうしてです?飲み放題でしょう」

「たしかにそうだけど、コップは1人1つと決まっているんだよ」

「そうでしたか。飲みくらべようと思ったので…」

韓国には、日本のファミレスにあたるレストランがないので、私たちがあたりまえと思っているドリンクバーの作法1つとってみても、はじめてきた人にはわからないのである。

なるほどねえ。些細なところに、発見があるなあ。

そんなこんなで、夕食が終わり、寄宿舎まで送り届けたのが夜9時。

今日は長い1日だった。さて、彼女たちにとって、これからどんな1年になるのだろう。

|

« ローマの祭り | トップページ | 屋根までとんだ »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローマの祭り | トップページ | 屋根までとんだ »