« テーマは再会・その3 | トップページ | ガラスとオルゴール »

猟奇的な院生

9月13日(火)

北海道といえば、ジンギスカン料理である。

この日の夕方、学生主催でバーベキューによる歓迎会を開いてくれることになっていた。なにしろここは、構内でバーベキューができるほど敷地が広いのだ。

ところが午後から雨が本降りになり、屋外でのバーベキューは中止になってしまった。

(やはり俺は雨男だったか…)。

「すいません。場所が建物内の学生研究室に変更になりました。ジンギスカンも中止です」とT先生。「そのかわり、私が先生にぜひ食べてもらおうと、○○の肉を手に入れました」

「○○の肉?」

「ええ、先日、知り合いの猟師が山で撃ったそうで、その肉を分けてもらったんです」

「私も北海道に長くいますが、○○の肉はまだ食べたことがありません」とS先生。聞いてみると、ほとんどの人がはじめてだという。

Photo 授業が終わり、学生研究室に行くと、すでに最年長のS先生が大きな肉の塊を包丁でスライスしていた。

「ずいぶん量がありますね」

「大きい塊で3つほどあるんですよ。全部切ってしまうと食べきれるかどうかわからないから、とりあえず2つだけスライスしましょう」とS先生。

Photo_2 スライスした肉を、家庭用のホットプレートで焼きはじめる。荒々しい野生の肉を、家庭用のホットプレートで焼くというのが、なんとなく可笑しい。

味付けは、K先生の担当である。

「ビールを入れたら、肉が軟らかくなるかも知れませんね」

たしかに赤身の引き締まった部分なので、固そうな感じである。

何度か味付けを試行錯誤しながら焼いていくうちに、ほどよい味になった。

思ったほどクセがなく、歯ごたえもあり、美味しい。

スライスした肉は、参加した15人くらいの人たちの間で、あっという間に平らげられてしまった。

そのほかに用意していたさまざまな料理も、すべてなくなった。

2次会は場所を移し、近くの居酒屋で夜11時近くまで美味しい日本酒を堪能した。

さて翌日。

気になったのは、最後に残った塊である。たしか昨日は、3つの塊のうち、2つだけをスライスして焼き肉にしたのである。

「残ったもうひとつの塊はどうしたの?」院生のSさんに聞いた。

「T先生があとで家に持って帰って料理するとおっしゃったので、とりあえず昨日は研究室の冷蔵庫に入れておいたんです」

私もそう聞いていた。Sさんが続けた。

「でも私、ビニール袋のジッパーをきちんとしめないまま冷蔵庫に入れてしまったみたいで、今朝、研究室の冷蔵庫をのぞいてみたら、肉からドリップ(肉汁)が大量に出ていて、『これはもうダメだな』と思って、処分してしまいました」

「処分?処分…って、捨てたってこと?」

「ええ」

「どこに?」

「構内のゴミ箱にです」

えええぇぇぇぇっ!!!大きな肉の塊だぞ!

「それ、大丈夫なの?もし他の人にでも発見されたりしたら、『この肉塊はもしや…猟奇的な事件では!?』と大騒ぎになるかも知れないよ」

「そうですね。『大学の構内で、大きな肉の塊が見つかった!』って、ニュースになるかも知れませんね」

「それでなくったって、最近はそんな事件が世間を賑わせたこともあったんだし」

「そうですね…。私、急に不安になってきました。大丈夫でしょうか?」

さてこの肉塊騒動。いまに至るまでニュースになっていないところを見ると、何ごともなくすんだようである。

|

« テーマは再会・その3 | トップページ | ガラスとオルゴール »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テーマは再会・その3 | トップページ | ガラスとオルゴール »