« 屋根までとんだ | トップページ | 眼福のひととき »

あっけない再会

9月26日(月)

午後、職場の図書館で調べものをしていると、思わぬ人に再会した。

先々週、札幌の大学で私の講義を聞いていた大学院生のN君である。

「ビックリした!どうしてここにいるの?」

「こちらで合宿免許をとりたいと思いまして…」

「免許なら、北海道でもとれるんじゃないの?」

「それじゃあ旅行気分が味わえないので」

前にも書いたが、N君は大学2年の時までうちの職場の学生だった。だから彼にとってここはなじみの深い場所なのだ。

先々週、札幌で別れたばかりなのに、なんともあっけない再会である。

合宿免許で滞在する間、空いた時間を使ってこちらの図書館で研究のための資料集めをしているらしい。

「今日、このあと予定あるの?」

「いえ、とくにありませんが」

「今日の夕方、被災資料のクリーニング作業をやるんだけど、やってみない?」

被災資料のクリーニング作業については、札幌での講義の時にも少し紹介していたので、N君も心得ていた。

「参加してもいいんですか」

「もちろん。夕方6時からやるから」

「わかりました」

ということで急遽、北海道から来たN君も作業に参加してくれることになった。

今日はたまたまN君のほかにも札幌出身者が2人も来ていて、作業をしながら札幌の話で盛り上がる。不思議なつながりだなあ、と思った。

「明日も参加します」

作業が終わると、N君はそう言って帰っていった。

|

« 屋根までとんだ | トップページ | 眼福のひととき »

クリーニング作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 屋根までとんだ | トップページ | 眼福のひととき »