« 丘の上の再会 | トップページ | ポンコツまっしぐら »

激痛避難訓練

10月5日(水)

朝起きると、右膝の裏が猛烈に痛い。

正確にいうと、昨晩おそくから右膝の裏が疼きだし、夜寝ているとき、右膝が猛烈に痛くなる夢を見た。そして朝起きると、その通りに右膝の裏が痛くなっていた。

立ち上がろうとすると、あまりに痛くて立ち上がることができない。ちょうど、立ち上がるときに体重を支える部分が、猛烈に痛いのである。やっとのことで左足を軸にして立ち上がると、今度はあまりに痛くて歩くことができない。

これは例の病気だな、と思った。

ここ最近、忙しさのあまり不健康で不摂生な生活が続いているから、例の発作が起きるのは当然だろう。ただ、いつもだと左足の親指の付け根あたりが痛くなるのだが、今回は右膝の裏である。あまりの激痛に立ち上がるのもままならない、というのは、はじめてである。

今日は午前に授業1コマ、そして午後に会議がある。うーむ困った。これではとても職場に行くことなどできない。行くとすれば、匍匐(ほふく)前進で行くしかない。

私はこの11年間、体調不良を理由に授業を休講にしたことは一度もないが、というより、体調不良でもむりやり授業をしてきたのであるが、今回ばかりは、職場までたどり着けないので、やむをえない。

とりあえず痛み止めの薬を飲んでギリギリまで様子をみて、もしダメだったら、職場に電話して休むことにしよう。

痛み止めの薬をふだんの1.5倍の量飲んで、痛みよ止まれ!とひたすらお祈りした。

すると、なんとか立ち上がることができ、かなり痛いが歩けるようになった。

かなり痛いので、気力はまったく失せてしまっているが、とりあえず職場に行くことにし、なんとか授業時間に間に合った。

授業をしていると、突然大きな音で館内放送が流れた。

「今日は避難訓練です。建物内で火事が起こったので急いで避難してください」

ええええぇぇぇぇぇ!ひ、避難訓練!?

「急いで建物の外に出て、グランドに避難してください!」

なんでこんなに足が痛いときに限って、避難しなきゃならないんだ!?

仕方なく、痛い足を引きずりながら避難をはじめる。

4階から階段を一段一段、手すりにしがみつきながら、

痛いタイタイタイタイタイタイタイ!!

と心の中で叫びながら降りてゆく。

やっとの思いでグランドに到着すると、人がほとんど集まっていない。

「ご苦労さまでした。終わりでーす」

避難訓練はあっけなく終わった。

こんな痛い思いまでして避難したのに、これで終わりかよ!

痛いタイタイタイタイタイタイタイ!!

一歩踏み出すごとに激痛が走る足を引きずって、建物に戻った。

|

« 丘の上の再会 | トップページ | ポンコツまっしぐら »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丘の上の再会 | トップページ | ポンコツまっしぐら »