« 激痛避難訓練 | トップページ | 感性と技術 »

ポンコツまっしぐら

10月6日(木)

今日も足がものすごく痛い。昨日より痛い。

この痛みは、誰にもわかるまい。

朝、悶絶しながら起き上がる。ちょっと動くだけでも一苦労である。

痛み止めの錠剤を飲むが、どうも喉に引っかかったような違和感がある。

錠剤が痰に引っかかったような感じである。まあよくあることではあるのだが、どうも気になる。

(ここはいったん薬を吐き出そう)

と思い、洗面所で

ウガー、ウガー

と何度も声をあげるが、薬は吐き出されない。

ウガー、ウガー

そういえば幼い頃、朝起きると、近所に住んでいるおじいさんの、

ウガー、ウガー

という声が毎朝聞こえてきたが、あれはこういうことだったのか?

顔を洗うにも、トイレに行くにも、シャワーを浴びるにも、一苦労である。

まったく、不便な体である。

やっとの思いで家を出て、職場に到着した。

今日は、午後に授業1コマと、3時過ぎに来客がある。

一歩一歩歩くごとに激痛が走るので、廊下をそぉーっと歩くことしかできない。まるで若さが感じられない歩き方である。

ソローリ、ソローリ

だが、職場の廊下とかで、足を痛そうにして歩くことは、なんとしても避けたい。

まわりの、たとえば同僚とかに「足、どうしかしたんですか?」とか聞かれて、「痛風ですから」と答えるのがイヤだからである。

「ははあん、贅沢病ですね。どうせ、美味しいお酒をたくさん飲んだんでしょう」的な眼で見られるに決まっているのだ。

だが、私はふだんお酒をほとんど飲まない。だから、お酒の飲み過ぎでしょうと言われるのは、心外なのである。

まったく、厄介な性格である。

ソローリ、ソローリ

やっとのことで教室に到着した。

さて、午後の授業は演習形式だったので、座って話をしていたのだが、途中、私の腰のところで、

パチン!

と音がした。

さほど気にせずにいたのだが、授業が終わって、自分の腰のところを見て驚いた。

ズボンのベルトが切れてしまっている。

ズボンのところから、切れたベルトがダラーンと垂れ下がっているではないか!

こんなことってある?こんなこと、漫画でしか見たことがないぞ!「お前は太りすぎだ」と、ベルトに言われているようなものだ。

ウガー、ウガー

ソローリ、ソローリ

パチン!

これでは、私は完全にポンコツオヤジである。

私がめざしている「ナイスミドル」や「ちょい悪オヤジ」からは、どんどん離れていくではないか!

少なくとも「ナイスミドル」や「ちょい悪オヤジ」は

ウガー、ウガー

ソローリ、ソローリ

パチン!

とはならないだろう。

落ち込むなあ。福山雅治と同い年なのに。

|

« 激痛避難訓練 | トップページ | 感性と技術 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 激痛避難訓練 | トップページ | 感性と技術 »