« 不遇と共感 | トップページ | 文化の日リベンジ »

とんだ文化の日

11月3日(木)

前日(2日)が、まー、忙しい1日だった。というより、いろいろな意味で、精神的重圧が大きい1日だった。

夜8時、ようやく仕事から解放された、と思ったら、例によって右膝の裏が疼きだした。

(まいったなあ)

いったいどういうワケで、右膝が痛くなるのか?これまで、右膝が痛くなったときのことをふり返ってみた。

すると、あることに気づく。

それは、「気が重い仕事」が終わった直後から、右膝が痛みだす、という法則である。

不思議である。気が重い仕事のことを考えると憂鬱になり、右膝が痛みだす、というのならわかる。しかしこの場合、その逆である。気が重い仕事から一時的にでも解放されると、とたんに痛みだすのである。

どうなっているんだ一体?これは、これまでにない新種の病気か?

「その痛みは、完全にメンタルなことが原因ですな」と妻。「治療法はただ1つ。『気が重い仕事』を引き受けなければよい」

なるほど。それはそうだ。

「それと、不摂生な生活をやめることですな」

これにも反論の余地はない。

だが、そう簡単にいかないのが、人の世の常、である。

翌3日、文化の日。

痛みはひかない。こういう場合は、何もせずに横になってじっとしているしかない。

ということで、この日はどこにも行かず、ただひたすら、痛みがおさまるのを待って、じっとしているよりほかはなかったのである。

うーむ。世間は「文化の日」だというのに、まったく何てこった。

ベレー帽をかぶって、美術館に行って過ごしたりするのが、「文化の日」の正しい過ごし方じゃないか。映画「男はつらいよ」の中で、あのタコ社長もそうやって過ごしていたぞ(また始まった)。

というわけで、今年の「文化の日」は、文化とはまるで無縁な1日を過ごしたのであった。

だがそのおかげで、翌日にはすっかり痛みがひいた。

まったく、とんだ「文化の日」である。

|

« 不遇と共感 | トップページ | 文化の日リベンジ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不遇と共感 | トップページ | 文化の日リベンジ »