« ツッパリが死語ではなかった時代・2 | トップページ | クリスマスにはまだ早い »

回転ずし

11月19日(土)

久しぶりに両親が来たので、夜、回転ずしに連れていった。

回転ずし、といっても、回っているのはベルトコンベアだけで、その上にすしが乗っているわけではない。実際には、板前さんに注文をして握ってもらうのである。

なんとも妙な感じだが、その店はネタがいいので、週末になるとお客さんがひっきりなしにやってくる。

夜7時すぎ、その店に行くと、やはり狭い店内は客であふれている。順番を待っている人もいる。

「名前をお書きください」

店員さんに言われ、名前を書き、カウンター席の後ろの椅子に座って待つことにした。

(早く席が空かないかなあ)

なにしろ3人とも、お腹がぺこぺこなのである。

だが、なかなか席が空かない。

カウンター席を観察していると、大学のサークルの仲間、とおぼしき女性たちが数名、すしを食べている。いずれも、ものすごく気取った感じの、小洒落た女性である。いや、男性も1人、そのグループにまじっているようである。

(うちの職場の学生かなあ。…いや、うちの職場の学生に、あんな気どった、小洒落た女子学生はいないしなあ。それともOL(死語?)だろうか)

ずーっと観察していると、彼女たちがほとんどおすしを食べていないことに気づく。

気取っているからなのか、全然、おすしを注文しないのである。

カウンター席に積んである皿を見ると、3皿くらいしか食べていないではないか!

にもかかわらず、ダラダラと座り続けている。

(うわぁぁぁ。いっちばん嫌いなタイプだ)

なにしろ私は、回転ずしに来て、気取って3皿くらいしか食べない人が、いちばん嫌いなのだ。

まわりに、自分はぜんぜん大食いではない、というところをアピールしたいのか?

だったら回転ずしに来るなよ!

(ああいう人たちとは、絶対につきあいたくないよなぁ…)

実際、私の妻は、回転ずしの食いっぷりがいいのだ。

…そんなことを考えていると、「3名様!カウンター席が空きましたのでどうぞ」と店員さんの声。

カウンター席に座るなり、母が小声で言った。

「何なの?あの子たち」

「何が?」

「3皿くらいしか食べてないじゃない。…といって、注文するわけでもなく、じーっとしているし。気どっているんじゃないかね」

なんと!母も待っている間、私と同じところを観察し、同じことを考えていたのだ。

私の観察眼は、間違いなく、母親譲りである!

|

« ツッパリが死語ではなかった時代・2 | トップページ | クリスマスにはまだ早い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツッパリが死語ではなかった時代・2 | トップページ | クリスマスにはまだ早い »