« 職人技 | トップページ | モギ裁判のカタルシス »

紅葉に間に合う

12月3日(土)、4日(日)

年に一度、200人近くの同業者が集まる恒例の「同業者祭り」である。私と妻が、1年のうちでいちばん気が重い2日間。

新幹線を乗りついで、7時間かけて、会場に向かう。

昼間の「お勉強」のあとは、例によって立食形式の会食である。

久しぶりにお会いした、ある先生と話しているうちに、とめどなく汗が流れてきた。

「ずいぶん汗をかいていますね。どうして冬なのにそんなに汗をかいているんです?」

マジメな話をしていたのだが、どうも私の大汗が気になったらしい。

「いつものことです。汗っかきなので、どうかお気になさらずに」

そうは言ってみたものの、たぶん相手の先生からすれば、気にせずにはいられないくらいの、尋常じゃない汗のかきかただったのだろう。

体調のことを考えて、あまりお酒を飲まず、1次会で帰ろうと思っていたのだが、案の定、師匠に誘われて、3次会までおつきあいすることになる。当然、日本酒もご一緒した。

なんとか2日目の午前中までをやり過ごし、2日目の午後、妻と二人で京都で途中下車をした。

「このままでは気が重いばっかりなので、京都で何か美味しいものでも食べて帰ろう」ということにしたのである。

私がふと思いつく。「せっかくだから、S寺に行こう」

「S寺?いいねえ」

S寺は、10月の実習の、京都自由行動の際に、私が訪れた寺である。「S寺がいいんじゃないの?」とすすめたのは妻だった。ただ肝心の妻は、まだそのS寺を訪れたことがなかったのである。

昼食もそこそこにすませ、駅からタクシーに乗り、S寺に向かう。

S寺のまわりは、まだ紅葉が残っていた。おそらく今日は、紅葉を楽しむ、最後の週末であろう。先日来たときとはうって変わって、今日は観光客でごった返している。

考えてみれば、紅葉の季節に京都に訪れるのは、はじめてではないだろうか。

S寺の隣にあるU院もまたすばらしい。庭園の紅葉は、まるで一幅の絵のようである。

このところ、ずっと忙しい。

たまにはこんな時間を過ごしても、許されるだろう。

1 2 3 4 5 1_2

|

« 職人技 | トップページ | モギ裁判のカタルシス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 職人技 | トップページ | モギ裁判のカタルシス »