« 上野の森に「あいつ」がやってきた | トップページ | 些細な発見 »

浪人ノスタルジー

1月24日(火)

1989年の第100回芥川賞受賞作は、南木佳士の「ダイヤモンドダスト」であった。

私がこの作家に興味を持ったのは、私の出身高校の先輩だったから、という、きわめて単純な理由にすぎない。

受賞した年が1989年ということは、私が大学2年生の時である。受賞作が表題となっている『ダイヤモンドダスト』(文春文庫)を読んだのは、それからほどなくしてだったと思う。

読んでみて、受賞作の「ダイヤモンドダスト」よりも、同じ本に収められている「冬への順応」という短編小説に、強くひかれた。

都立高校を卒業した主人公は、浪人して、予備校に通う。お茶の水にある有名予備校である。

あるとき、代々木駅で偶然、小学校時代の同級生、千絵子に会う。千絵子もまた、代々木にある予備校に通う、浪人生であった。

そこから、何となく二人はつきあい始めるのであるが、主人公は1浪の末、都内の大学に落ち、東北地方にある国立大学の医学部に入学する。一方千絵子は、東京の大学に入学する。

主人公は、北国で悶々とした大学生活を送るようになる。千絵子のことを思い、何とか東京の大学に入学しようと仮面浪人の生活をはじめるのだが、なかなかうまくいかない。そのうち、東京にいる千絵子は、だんだんと気持ちが離れていき、さらには新しい彼氏ができて、二人は自然と別れてしまうのである。

それから10年以上たち、主人公は千絵子と再会する。医者と末期癌の患者という立場で、である。主人公は、末期癌に冒されたかつての恋人と、医者として向き合わなければならなくなるのである。

…これを大学生の時に読んだとき、「いかにも都立高校出身者が書いた小説だな」と思った。

私の高校は、むかしから浪人するのが当たり前で(今は違うが)、かくいう私も1浪している。つまり多くの同窓生が、「浪人」という言葉の響きに、ノスタルジーを感じているのである。

そして私の友人の中には、1浪して地方国立大学に進む者が多かった。南木佳士氏自身も、この主人公と同様、浪人して秋田大学医学部に進んだが(というか、この主人公のモデルは、作家自身である)、私の友人の中にもやはり、1浪して秋田大学の医学部に進んだ者がいた。

この小説を読んでまず思い出したのは、その友人のことであった。

それに、浪人中に交際がはじまる、という同級生たちもけっこういた。

だがその中には、その後二人が別々の大学に入ったり、あるいは男性の方が2浪したりして、そのうちに女性の気持ちがしだいに離れていく、ということが、しばしばあった。

私の身のまわりには、「思いあたる」友人がけっこういたから、この小説を読んだときに、何か胸につき刺さるような感じがしたのである。

同じ高校出身ならではの、共有体験、とでも言おうか。

この小説にひときわ思い入れが強いのも、そのためである。

小説の中で、千絵子の母が主人公に言う。

「あの子がいちばん懐かしがっている、あの浪人の頃のように、はげましてやってはいただけないものでしょうか。ほんとに勝手なお願いなんですけど」

「はげまされたのは、むしろぼくの方で……」

「いいえ、そんなことはございません。生きてたってほんとに言えるのは、あの頃だけだ、なんて申しておりますものですから」

「それはぼくもおなじです」

-生きていたってほんとに言えるのは、浪人の頃だけだ-

これほど、「浪人」に対する郷愁に満ちた言葉を、私は知らない。

これは、まぎれもない「浪人ノスタルジー小説」である。

高校生でも、大学生でもない、浪人生という、特別な時間。

そんな時間を、私も過ごしたのだ。

|

« 上野の森に「あいつ」がやってきた | トップページ | 些細な発見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントをするのははじめましてですが、常日頃からお世話になっている者でございます。

私もこれを読んでいて思い出したことがあります。

私は、強風が吹くと一時停車し、紅葉の頃になると車輪が空回りをする「あの電車」に乗って一年間「都会」の予備校に通っていました。

南木佳士氏のある小説は私が受講していた現代文のテキストに収録されていました。今思えば、私は氏の文章を“ノスタルジーにひたる”こともなく、ただがむしゃらに、しかも思いがけないかたちで浪人中に目にしていたのです。なんだかヘンなカンジです。

そして、今このように当時を回顧して“ノスタルジーにひたる”ことができるのは、当時の状況をある意味で肯定的にとらえることができるようになったからだと思います。あの一年間は本当に貴重だったと思います。

それはさておき、ブログ本文にもあるとおり、氏は医師という立場でありながら、メスをペンにもちかえて執筆活動もしています。氏はときに暖かく、ときに冷静に生と死をみつめる視点をもっており、それは氏の作品に少なからず反映されていると思います。

久しぶりに氏の作品を手にとってみたくなりました。そして、時を経て作品を読んだときに得られる、あのこれまでとは異なる感想との出会いが楽しみになりました。

長々と失礼いたしました。

投稿: パネル作成者T | 2012年1月26日 (木) 00時59分

こちらこそいつもお世話になってます。
あたりまえのことかも知れませんが、氏の「生と死」に対する眼差しは、たぶん、氏の歩んできた人生から培われたものだと思います。だから、どんな職業に就くかが本質ではなく、どんな人生を歩むかが大事なのだと思います。
私も浪人中、予備校のテキストに出てきた文章の中に、いくつか印象に残ったものがあります。遠藤周作「異郷の友」(だったと思う)、伊藤整「海の見える町」など。もうほとんど忘却の彼方ですが、久しぶりに読んでみようかな。

投稿: onigawaragonzou | 2012年1月26日 (木) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上野の森に「あいつ」がやってきた | トップページ | 些細な発見 »