« ディスる | トップページ | 仁寺洞(インサドン)のモーテル »

グラハム・カー的こころ

知らない言葉に出くわしてしまったために起こる珍騒動、というモチーフは、落語によく出てくる。

「転失気(てんしき)」とか「ちょうずまわし」とか。

「転失気」は、小学校6年生の時、NHKのラジオから流れた3代目三遊亭金馬の高座で知った。

私が落語に目覚めたのは、この「転失気」を聞いたのがきっかけだったといっても過言ではない。

お寺の和尚さんが腹痛をおこし、医者に診てもらったところ、「てんしきはおありですかな?」と尋ねられた。和尚は「てんしき」が何かわからないのだが、「知らない」とも言えず、つい「ございません」と答えてしまう。「ではそのように薬を盛ります」と医者に言われ、自分の身体に関わることだとわかりさあ大変。あの手この手を使ってこの言葉の意味をさぐろうとするのだが…。

「ちょうずまわし」は、6代目笑福亭松鶴の高座をCDで聞いた。

丹波の田舎旅館に、都会の大坂からお客さんが泊まりに来る。朝、大坂の客は旅館の仲居さんに「ちょうずをまわしてくれ」と頼むが、仲居さんは「ちょうずをまわす」の意味がわからない。村中総動員してこの意味をさぐろうとするが…。

いずれも、「知ったかぶりがもたらした災難」という結末を迎える。

これは落語の世界だけかと思っていたが、欧米でもこの手の話はあるらしい。

Cagwvhay 私が子どものころ、「グラハム・カーの世界の料理ショー」というカナダの番組が、日本語吹き替えで放送されていた。といっても私は全く記憶になく、以前、DVDが出ていることをこぶぎさんに教えられて、最近見たのである。

この番組は、グラハム・カーというオッサンが、世界の料理を紹介し、スタジオでその料理の腕を披露する番組なのだが、メインの料理よりも、オッサンの軽快なトークが面白いことで人気の番組であった。

料理の前に必ずオープニングトークをするのだが、ある回ではこんな話をしていた。

グラハムの知り合いの女性・コリーさんが、スイスに永住しようと、スイスに行って家を探すことにした。スイスの田舎町に1軒、気に入った家を見つけたが、ところがカナダへ戻ってきてから、その家のトイレがどこにあったのか、どうしても思い出せない。

トイレの位置が気になって仕方がないコリーさんは、スイスの田舎町で知り合った校長先生に、手紙でトイレの位置を問い合わせることにした。だが、まさか「トイレ」と書くわけにいかず、「WCはどこですか」と書くことにした。

ところがこの手紙を受け取ったスイスの校長先生、「WC」の意味がわからない。物知りの教会の牧師さんのところに聞きに行くが、この牧師が、知りもしないくせに知ったかぶりをするタイプで、「『WC』の『C』は『教会』の『C』ですな。つまりWのつく教会です」と教えやがった。

それを真に受けた校長先生、コリーさんに返事を書いた。

「おたずねのWCは家から15㎞離れたところにポツンとございます。たいへん大きく、229名収容できます。ただし木曜と日曜しか開いておりません。夏は大勢ご利用なさるので、お早めにおいでになるようおすすめいたします…」

これもまた、知らない言葉を知ったかぶったことによる「笑い」である。

私の拙い文章ではなかなか伝わりにくいが、吹き替えを聞くかぎり、まるで落語を聞いているかのようである。

では、欧米にも落語に通ずるような話があったのか、というと、ここでひとつ問題が浮上する。

はたしてこの吹き替え、グラハム・カーの言ったセリフを、ちゃんと訳していたのか?という疑念である。

「うぃきぺでぃあ」によると、この番組の日本語版を脚色した人が、伝説の長寿ラジオ番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」も手がけていたとあるから、翻訳はそうとう落語の方に寄せていた可能性が高い。というか、グラハム・カーの吹き替えをしている黒沢良さんが、完全に小沢昭一さん的なしゃべり方だもん。

むかしの欧米番組の吹き替えは、もとの番組を換骨奪胎している可能性があるな。

そう!あの「おバカバー」のように。

…というわけで、こぶぎさんにしかわからない話題でございました。

|

« ディスる | トップページ | 仁寺洞(インサドン)のモーテル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

記事が長いよ、スティーブ(笑)。

 さて、世界の料理ショーの原題「The Galloping Gourmet」でネットを探すと、オリジナル音声の動画はいくつも見つかるのですが、スイスの回も含め、日本版とオリジナル版が両方見つかることは意外とないのです。ようやく見つけたのが、「ローストポークパインソース ジャマイカ風」の回です。

(オリジナル版)
http://www.youtube.com/watch?v=3EsIW3yVLA0&feature=related

(日本版)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6638012

 小咄部分を比べると、無灯火でつかまった治安判事2人が交互に裁きあうという設定は同じですが、日本版ではかつらの使用料を罰金に上乗せした、というのがオチになっています。

 これに対して、オリジナル版では、判事のキャラクターをおじいさん風に訛らせてクスグリを入れた上で、今日このあと女王様の裁判があるから、あなたが再び軽い罰金にするのを止めさせようと思って、罰金を高くした、というオチになっています。

 他にも、自転車が車に、6寺2分が6時半に、罰金10ポンドが12シリングにとディテールも変わっていて、話を分かりやすくするために日本版ではかなりオリジナルの台本を変えちゃっているようです。

 ここから推測すれば、スイスの回も、大まかな設定はオリジナル版と同じだが、ディテールやオチは根こそぎ変えちゃっている気がします。日本で作家がネタを書き換える際に、落語からの本歌取りもしているのではないかと思います。

 ただ、この小咄では、かつらの有無で2人の判事を描き分けるだけでなく、さらにカメラを切り替えて「カミシモ」をつけている点に、落語と同じだなと思いました。

 料理の場面のトークも含めて考察すれば、日本版での駄洒落や言葉遊びは、ほぼ全て後から足していますし、途中に挟まれる客の笑い声もオリジナルと無関係にどんどん足しちゃっています。グラハム・カー自身は(当たり前ですが)料理手順の紹介や残り時間の管理に、もっとトークを割いています。

 小咄も、確かにそんなことはオリジナルでも言っているんですが、オチが変わっているとか、完全創作部分が付加される箇所も多かったです。広川太一郎風というか「よぅござんすか」といった言い回しも、日本版独自のキャラクター付けです。

 なお、番組中にグラハムはカメラ手前のスタッフとやりとりしていますが、オリジナル版では「スティーブ」は出てきません。「スティーブ」という相方を登場させて、落語のみならず漫才のかけあい要素まで取り入れたことで、オリジナル版よりもさらに、日本版の方が面白い仕上がりになったといえるでしょう。

 オリジナル版ではスティーブの代わりに、観客をいじったり、ハプニング的要素で笑いを取ることが多いです。下の例だと小咄の途中で観客の椅子が壊れて大ウケします。
 ちなみに、グラハムが笑い転げているスタッフを引っ張り上げる時に「スティーブ」と声をかけていますので、この人がエンドロールに名前が出ている「スティーブ」ご本人ではないかと思います(日本版だとエンドロールの代わりに、レシピ紹介が入っていますので見られない)。

 この回の小咄は、いろいろ症状を並べるおばあさんに医者が一言「風邪ですね」と言って、「ただの風邪なら、何故自分が上下に揺れているのか」とおばあさんに食い下がられると、「それはエレベータに乗ってたから」と言うオチです。

The Galloping Gourmet - Crab Grapefruit part 1
http://www.youtube.com/watch?v=i1CTQt4Eals

投稿: スティーブこぶぎ | 2012年2月26日 (日) 07時11分

君のコメントも長いよ、スティーブ(笑)。
それにしても、短時間でよくこれだけ調べ、考察されたものです。私が思いつきで書いたことを、実証してくれている(笑)。比較文化論として、十分に成り立つテーマですよね。
2人の判事の話は、私も見た当初、カツラの有無で違いをわからせたり、カット割りするところが、落語的だなあと思いました(談志師匠は、テレビで落語をするときに、カット割りにこだわったのです)。
日本版の制作者は、この番組のグラハム・カーのトークを見たときに、「あ、グラハム・カーのトーク、落語の方に寄せられる!」と思って、大胆に改変したのではないでしょうか。
いまは映画でもドラマでも字幕の方が好かれ、「吹き替え」が敬遠される傾向にありますが、むかしの「吹き替え」は、ひとつの文化だったのです。「刑事コロンボ」がその好例ですね。

投稿: onigawaragonzou | 2012年2月26日 (日) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディスる | トップページ | 仁寺洞(インサドン)のモーテル »