« 神様に会いにいく | トップページ | 二本の桜 »

ナベサダさん

4月24日(水)

もう少し、ナベサダさん(渡辺貞夫)について書く。

じつは、私が「ナベサダ」を熱心に聴いていたのは、80年代後半である。90年代以降になると、次第に遠ざかっていった。

だから私の中でのナベサダは、80年代で止まっていたのである。もっぱら聴いていたのも、80年代のものばかりである。

今回のライブでは、私が熱心に聴いていた80年代の曲は全くなく、そのほとんどが、最近のアルバムからのものであった。

過去の楽曲にこだわることなく、常にオリジナルを作り続け、発信し続けている。

80年代の楽曲にこだわり続けている私の方が、むしろ保守的で、退行的である。

ナベサダさんの若さの秘訣は、そこにあるのではないか、と思う。

若い頃に聴いたナベサダもいいが、本当は、今のナベサダをこそ、聴くべきなのだ。いまだにオリジナルを追求しつづけているナベサダを、である。

51uw82ykeul__ss500_ ライブが終わったあと、久しぶりに、ナベサダさんのCDを買い求めた。昨年(2011年)10月に発売された、「Come Today」という最新作である。

ナベサダさんは毎回、CDジャケットに、短いメッセージを寄せているが、このアルバムには、次のようなメッセージを寄せている。

冬の土の奥に

芽生えのときを待つ生命があるように、

悲しみや困難を乗り越えた先には

希望があります。

『痛みの度合いは 喜びの深さを知るためにある』

これはチベットの格言ですが、

僕のそうした想いを、このアルバムに

感じてもらえればと願っています。

おそらく、昨年3月の東日本大震災を念頭に置いたメッセージだろう、ということは、容易に想像できる。

しかしそこには、「がんばろう○○」といった狭小な表現は、微塵もみられない。

この世界で悲しみや困難に立ち向かっている、すべての人へのメッセージである。

チベットの格言を引用するあたりがナベサダさんらしい。困難を乗り越えるヒントが、世界中にあることを、私たちに教えてくれる。

音楽もまた、その一つかもしれない。

でも、音楽を通じて、強烈かつ特定のメッセージを発することを、ナベサダさんはたぶん、好まない。

それは、聞く側の感性にゆだねているからだと思う。聞く側の感性を、尊重しているのだ。

だからナベサダさんの音楽は、いつ、どんなときも軽やかである。

そしてその軽やかさは、さまざまな困難をつきぬけたあかつきに、ようやく手に入れることができるもののように思うのだ。

|

« 神様に会いにいく | トップページ | 二本の桜 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神様に会いにいく | トップページ | 二本の桜 »