« 原点は「猟奇的な彼女」 | トップページ | テレビに出た!らしい・老父篇 »

うっかり往復100㎞

5月8日(火)

夕方、打ち合わせが終わって研究室に戻ると、携帯電話が鳴った。

「ご無沙汰してます。Aです」

大学の後輩のA君である。

「仕事でこちらに来たもので、いるかなあと思って電話しました」

「今どこ?」

「大学の建物の玄関です」

「え?下にいるの?」

「はい」

ということで、研究室まであがってきてもらって、しばし雑談。

「このあとお忙しいんですか?」とA君。

夕方6時から、いつものクリーニング作業をしに「丘の上の作業場」に行く予定だった。

かくかくしかじか、と、これまでの経緯を話すと、

「帰りの新幹線までまだ時間がありますから、一緒に行きましょう」という。

夕方6時。車で「丘の上の作業場」まで行くと、世話人代表のKさんがいた。

「今日は、作業、ないみたいですよ」

「え?そうなんですか?」

「私も勘違いして、来ちゃいました」

世話人代表のKさんとは、昨日夕方の、うちの職場でのクリーニング作業のさい、「じゃあまた明日」といって別れたばかりだった。

「てっきりあると思ってました」まあ、ちゃんと確かめなかった私の方が悪かったのだが。

それにしても、私はともかく、うっかり片道50㎞かけて来てしまったKさんの方が大変である。このあとまた、片道50㎞をかけて帰らなければならないのだから。

…あ!「恥ずかしいので誰にも言わないでくださいよ」とKさんに言われていたんだった。

だが、「うっかり往復100㎞」という言葉を思いついてしまったので、書いてしまった次第です。すみません。

|

« 原点は「猟奇的な彼女」 | トップページ | テレビに出た!らしい・老父篇 »

クリーニング作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原点は「猟奇的な彼女」 | トップページ | テレビに出た!らしい・老父篇 »