« 名探偵になれず | トップページ | 空の下の作業、開始 »

まじめな話をしている横で

5月23日(水)

朝イチの授業が終わって研究室に戻ると、4年生のN君がやってきた。

「学生研究室の中にあるものを、耐震工事のためにすべて引き上げなければならないんですが、学園祭で使った看板、どうしましょうか」

Photo2 そういえば、学生がふだん使っている研究室も、来月からはじまる耐震工事のために使えなくなるのだった。そこには、昨年、一昨年の学園祭で使った、私のイラストが描かれた看板が保管されていた。

「捨てるのはしのびないから、ひとまず私が預かるよ」

「わかりました。では持ってきます」

しばらくして、4年生のCさんが、私の研究室に看板を持ってくれた。私はそれを、研究室の中に置いておいた。

さて、夕方。

気の重い会議が終わり、研究室に戻ると、しばらくして、「まじめで仕事のできるN先生」がいらっしゃった。

「ちょっと、さっきの会議の件で、重要な話が」

N先生は私の研究室に入り、職場の将来に関わる重要な話をされた。

私も、当然のことながら、それに対してまじめに受け答えをする。

しかし途中で、例の看板が置いてあることを思い出した。

Photo1 しかも、いま目の前でまじめな話をしているN先生のちょうど視界に入る位置に、それらの看板が置いてあるではないか!

そのことに気づいてからというもの、気になって気になって仕方がない。

心なしか、N先生も、その看板の方をチラッチラッと見ているような気がする。

私の顔がデフォルメされたイラストの看板が置いてあるのを見て、まじめなN先生は、どう思っているのだろう?

(こいつ、自分のキャラクターグッズ作ってるのかよ!キ~モチ~ワル~イ)

と思っているんじゃないだろうか、とか、

(こいつ、どんだけ自分のことが好きなんだ?!キ~モチ~ワル~イ)

と思っているんじゃないだろうか、とか、そんな妄想が頭をめぐりだした。

「いえ、これはですね、その…、学生が学園祭のときに作った看板でありまして、捨てるのがしのびなくて預かっているだけなのです」

と、喉元まで出かかったのだが、職場の将来を左右するほどのまじめな話をしている最中に、唐突にそんなことを言うこともできない。そんなことを言ったら、かえって「自意識過剰」と思われるに違いない。それに、そもそもN先生がこの看板のことをまったく気にしていない可能性もあるし。

「…ということで、そんな感じで進めましょう」

「そうですね。そうしましょう」

ひととおり話が終わり、N先生は、研究室を出ていかれた。

嗚呼、N先生は絶対、「こいつとはもうまじめな話ができない」と思って呆れて出ていかれたんだな、と、私はうなだれた。

こういうとき、軽く死にたくなるね。

|

« 名探偵になれず | トップページ | 空の下の作業、開始 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

「できる教師にはマイキャラがある!」と、できる教師になるための本に書いてあったので、大丈夫です。

投稿: R.I | 2012年5月25日 (金) 00時05分

「できる教師になるための本」というのが、なんとなく胡散臭いなあ(笑)。

投稿: onigawaragonzou | 2012年5月26日 (土) 02時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名探偵になれず | トップページ | 空の下の作業、開始 »