« 勝負はこの週末 | トップページ | ため息をどうするわけでもないけれど »

求む!英語上達法

7月24日(火)

8月の後半に、ベトナムと中国から30人ほどの学生が、2週間ほどうちの職場に短期研修に来ることになった。サマースクール、というやつである。

うちの職場でも初めての試みなので、どんなことをしていいかわからない。

先日、上司からメールが来た。

「こんな感じでプログラムの原案考えてみたんだけど、意見ちょうだいよ」

原案をみると、じつにマジメなプログラムである。これでは、せっかく日本に来た学生たちは、ツマラナイだろう。

「これではマジメすぎてつまらないですよ。もっと楽しいプログラムにしないと」

いろいろなアイデアをメールに書いた。

さっそく上司から返事。「ありがとう。参考にさせてもらいます」

さて、今日はその打ち合わせである。

原案は大幅に作り直され、私が提案した数々のアイデアが、ほぼそのまま採用されていた。

「モノは相談なんだが、あなたが出してくれた、あの企画ねえ」

「ああ、あの企画ですね」私が出したアイデアのうちの、目玉企画のことである。

「あれをぜひやりたいんだが、当日はあなたが全部仕切ってくんないかなあ」

「え?私がですか?」

「あなたがやり方を一番よく知っているんだし」

「そんなぁ…」実はいたずらに考えた企画で、私だって、やったことはないのだ。

「まる1日の仕事になるけど、朝イチの企画の趣旨説明から、夕方の発表会の仕切り、それに最後のまとめまで、頼むよ」

「…はあ」まあ、言い出しっぺだから仕方がないか、とあきらめた。それにしても、言い出しっぺが担当しなければならないというこの職場の仕組みは、なんとかならないものか。

「あのう…」

「何か?」

「日本語で説明していいんですよねえ」不安になった私は聞いた。ベトナムと中国から来る30人の学生は、日本語がわかるのかどうか不安だったからである。

「そりゃあ、当然英語でしょう。だって、日本語がわかる学生なんて、ごくわずかだもん」

ええええぇぇぇぇぇぇ!!!!

え、え、英語???

最後に英語で話をしたのなんて、何年前だろう。

たしか大学院生の時、夏休みの1カ月間、とある地方のユースホステルで暮らしていて、そのときにたまたま同室だった海外からの旅行客とカタコトの英会話をしたのが最後だったから…。

20年前だ!

英語なんて、絶対にしゃべれないぞ!

困った。本当に、困った(映画「男はつらいよ」の、笠智衆扮する御前様の口調で)。

これからどうしよう?

1年以上前のことだったか、英語が堪能な友人にすすめられて、ラジオ講座を聴きはじめようと思ったが、なんと聴く前から挫折してしまった。

あの時、マジメに始めておけば、こんな思いはしなかったのに…。

誰か英語が堪能な人、1カ月で英語が上達する方法を教えて下さい!

ただし、うちにはテレビがないので、テレビを使った勉強法はダメです。

英会話学校に行く時間もありません。

使える機材は、ラジオとiPodとパソコン。

いちおう、「パックンマックン」の英会話講座のPodcastは聴こうと思っています。それ以外に、何かいいアイデアはありませんか?

さあ、今日のお題は「最も効果的な英語上達法」だ。たのむぜ、スティーブ!(「世界の料理ショー」風に)。

|

« 勝負はこの週末 | トップページ | ため息をどうするわけでもないけれど »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

 I would recommend you watching "Arirang TV ( http://www.arirang.co.kr/index.asp ) "on internet. As you know, Arirang TV is English TV programs on Korean topics. You can easily understand this kind of topics.

But, please remember what kind of language teachers spoke while you were studying in Korea. Did they talk in English to Chinese students who could not understand Korean at all?

They might use Korean in stead of neither English nor Chinese. Why would you use foreign language to those who are willing to come to study in Japan ?

So you may just speak Japanese to them and hire a student of English Department in your university as an interpreter when you need to help.

投稿: Kobugi | 2012年7月25日 (水) 03時36分

 英語にてコメントを書いたら思いの外、面白くならなかったので、こんな夜中ですがネットでおすすめ英語教材を探してみました。

>「ウィッキーさんのワンポイント英会話」
 これぞ王道。付録の指さし会話カードが便利です。アマゾンで中古本売ってますよ。

>「ハイディ矢野のネイティブの発音・リスニングが絶対身につく本 」
 ご存じ「百万人の英語」で、洋楽の歌詞解説講座をしてた先生ですが、まだ現役なのね。新刊です(ポップスネタじゃないけど)

>「小林克也のおしゃべりアメリ缶」
 同じく「百万人の英語」講師より。youtubeにオークションで落とした人の動画がありますが、売り切れです。

>(オーソンウェルズ朗読)「家出のトリッピー」
 いまでも紹介サイトが一杯あるんですが、なんかクリック詐欺みたいに契約画面へ導かれます。

 あとは、百万人の英語だと、J・B・ハリス先生、國弘正雄、鳥飼玖美子、NHKからマーシャ・クラッカワーさんあたりもいいと思いますよ。

投稿: こぶぎ | 2012年7月25日 (水) 04時14分

語学の王道プログラムを忘れておりました。ポッドキャストでも視聴できます。

いいでば英語塾
http://www.atv.jp/program/iideba/index.html

青森に行くたびに買いそろえまして、DVD版も全部持ってます。

投稿: レイチェルこぶぎ | 2012年7月25日 (水) 14時44分

こぶぎさん、あーた、いつ寝てるんだ???
それにしても、懐かしいものばかりですなあ。
「早見優のアメリカンキッズ」は終わっちゃったんでしょうか。

投稿: onigawaragonzou | 2012年7月25日 (水) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝負はこの週末 | トップページ | ため息をどうするわけでもないけれど »