« 七夕の再会 | トップページ | 老先生との対話 »

そうめんか、冷や麦か

7月8日(日)

義妹夫婦が、新築のマンションに引っ越した、というので、遊びに行くことにする。目的は、6ヵ月になる姪に会いに行くためである。

姪は、会うといつも私の顔をじっと見つめる。おそらく私のことが大好きなのだろう。姪は私に会いたがっているに違いない。

「お昼はどうする?向こう(義妹の家)で一緒に食べようと思うんだけど」と妻。

「そうめんが食べたい」と私。

「そうめん?」

「七夕といえばそうめんだろう。昔からそう決まっているんだ。昨日食べられなかったからね」

妻が妹に電話をする。

「あのさあ。お昼、そうめんがいいっていうんだけど、そっちにある?」

電話のやりとりから察するに、どうやらないらしい。

「冷や麦ならあるって」妻が言う。

「ダメだよ、そうめんでないと。七夕といったらそうめんなんだ」

「ふーん」

ということで、義妹の家の近くにあるスーパーでそうめんを買ってから、いよいよ新居訪問である。

300グラムのそうめんを3袋、買う。

「どのくらい茹でたらいいかなあ?」と妻。

「ぜんぶ茹でたらいいじゃん」

「え?900グラムも?だって、1人分は100グラムって書いてあるよ」

ここにいるのは、私と妻と妻の母、そして義妹夫婦の5人である。つまり500グラムあれば十分なはずなのだ。

だが私は主張した。

「そうめん100グラムなんて、病気の小鳥が食うくらいの量だよ。5人もいれば900グラムなんてすぐなくなるよ」

妻が呆れた顔をして、提案する。

「じゃあ、とりあえず2袋(600グラム)茹でて、もし足りなかったら、もう一袋茹でるということにしたら?」

仕方なく同意した。

さて、実際に茹で上がり、そうめんを食べてみると、5人で600グラムは、食べても食べてもなかなか減らない。

それもそのはずである。そうめんのほかに、家から作って持ってきたおにぎりを3つも食べたのだ。たちまちお腹いっぱいになった。

「どうする?もうひと袋茹でる?」

「いえ、けっこうです」

私以外の4人は、ほら見ろ、という顔をした。

食べ終わった私が、ポツリと言った。

「そうめんじゃなくて、やっぱり冷や麦の方がよかったな…」

私以外の4人が、どないやねん!という顔をした。

「冷や麦だったら、うちにあったのに」さすがの義妹も呆れ顔である。

そうめんとおにぎりを腹一杯食べたら、急に眠くなった。

「少し横になったらどうです?」眠そうな顔を見かねたのか、義妹が言う。

「じゃあそうさせてもらうわ」

リビングに寝ている6ヵ月の姪の横で、姪と同じ姿勢で横になった。

すると、5分もたたないうちに大きなイビキをかいたらしい。

新築のマンションで、やれそうめんがいいだの冷や麦がいいだの駄々をこねたあげく、腹一杯食って、みんなの見ている前で大イビキをかいて昼寝をする。

なんとまあ、傍若無人な「長女の婿」だろう。

しばらくして目覚めると、姪はすでに起きていて、妻の母にだっこされていた。

(私のイビキで起きたのかな…)

私はいたたまれなくなり、「新幹線の時間があるので…」といってマンションを出たのであった。

|

« 七夕の再会 | トップページ | 老先生との対話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七夕の再会 | トップページ | 老先生との対話 »