« 南へ北へ | トップページ | カオスな歓迎会 »

K-POPプレイバック キム・グァンソク特集

A さあ、今回も始まりました「K-POPプレイバック」。では早速、コーナー紹介からどうぞ。

B はい、この「Kプレ」コーナーでは、懐かしのK-POPを、ラジオ番組風に紹介しています。旧来のK-POPファンには過ぎし日の思い出を、若きK-POPファンには新たな楽曲との出会いを提供する、K-POP系ブログの王道企画となっています。…て、これ、こぶぎさんのブログのパクリじゃないですか!

A まあいいじゃないですか。こぶぎさんだって、こっちのブログのコメント欄を自分の身辺雑記に使っているんだし。今日は「夏休み限定企画」ということで、趣向を変えて、すてきな音楽をみなさんにお届けしましょう。

B ほんとうは、読者を減らしたいだけなんでしょう?

A その通りです。…で、今回とりあげる歌手は?

B はい、このブログでも何度も登場している、キム・グァンソクです!

A キム・グァンソクは、このブログの読者なら、もうおなじみですよね。ですので解説は省略します。で、今日は、実際にその曲を聴いてみようということですね。

B そうです。

A しかし、キム・グァンソクは、とりあげたい曲がたくさんありますね。何から聴きましょうか。

B ではまず、この曲から聞いていただきましょう。「일어나(立ち上がれ)」です。

검은 밤의 가운데 서있어 한치 앞도 보이지 않아

어디로 가야 하나 어디에 있을까 둘러 봐도 소용없겠지

인생이란 강물 위를 뜻 없이 부초처럼 떠다니다가

어느 고요한 호숫가를 닿으면 물과 함께 썩어가겠지

일어나 일어나 다시 한 번 해보는 거야

일어나 일어나 봄의 새싹들처럼

끝이 없는 말들 속에 나와 너는 지쳐가고

또 다른 행동으로 또 다른 말들로 스스로를 안심시키지

인정함이 많을수록 새로움은 점점 더 멀어지고

그저 왔다 갔다 시계추와 같이 매일매일 흔들리겠지

가볍게 산다는 건 결국은 스스로를 얽어매고

세상이 외면해도 나는 어차피 살아살아 있는걸

아름다운 꽃일수록 빨리 시들어가고

햇살이 비치면 투명하던 이슬도 한 순간에 말라버리지

일어나 일어나 다시 한 번 해보는거야

일어나 일어나 봄의 새싹들처럼

闇夜の中に立っていて 一寸先も見えやしない

どこに行くの、どこにいるのか まわりを見渡しても無駄だろう

人生とは 川の上を意味なく漂う浮き草のようなもので

静かな湖畔にたどり着けば 水と一緒にたちまち腐っていくだろう

立ち上がれ 立ち上がれ もう一度やってみるのだ

立ち上がれ 立ち上がれ 春に吹き出す新芽のように

終わりのない言葉の中に僕と君は疲れていき

また違う行動や言葉が 自分たちを安心させる

認め合うことが多いほど 新しさますます遠ざかり

ただ行ったり来たり 振り子のように 毎日毎日揺れるのだろう

軽やかに生きるということは 結局は自分を縛るということだ

世界に見捨てられても どうせ私は生きているのだ

美しい花であるほど すぐに枯れていき

陽があたれば 透きとおった露も一瞬にして消えてしまう

立ち上がれ 立ち上がれ もう一度やってみるのだ

立ち上がれ 立ち上がれ 春に吹き出す新芽のように

A 歌詞の訳、自信ないなあ。

B ちょっと意訳に過ぎませんか。

A そんなことありませんよ。むしろ誤訳を恐れていますよ。…それにしても、長渕剛が歌っても不思議ではないような、そんな曲ですね。

B でしょう。そもそもあなた、キム・グァンソクは、日本でいえば、長渕剛と尾崎豊を合わせたような存在、って言っていたでしょう。

A ええ。それくらい、カリスマ的な存在だと。

B でもあなた、長渕剛も尾崎豊も、ふだんほとんど聴きませんよね。

A ええ、ほとんど聴きません。

B なのになぜ、キム・グァンソクにはハマったんです?

A さあ、そこがK-POPの不思議なところなんです。…さて、次の曲に行きましょう。次は何ですか?

B 次は「먼지가 되어(埃になって)」です。

바하의 선율에 젖는 날이면

잊었던 기억들이 피어 나네요

바람에 날려간 나의 노래도

휘파람 소리로 돌아 오네요

내 조그만 공간 속에 추억만 쌓이고

까닥모를 눈물 만이 아른거리네..

작은 가슴을 모두 모두어

시를 써봐도 모자란 당신

먼지가 되어

날아가야지

바람에 날려 당신 곁으로

작은 가슴을 모두 모두어

시를 써봐도 모자란 당신

먼지가 되어 날아가야지

바람에 날려 당신 곁으로

バッハ旋律にひたるには

忘れていた記憶がよみがえるのさ

吹き飛ばされた僕歌も

口笛の音で戻ってくるのさ

僕の小さな空間の中に思い出だけがつまって

わけもなくだけが目に浮かぶよ

小さなをすべてすべて

詩を書いてみても語りつくせぬあなた

埃になって

飛んでいかなくちゃ

に吹かれてあなたのそばに

小さなをすべてすべて

詩を書いてみても語りつくせぬあなた

埃になって飛んでいかなくちゃ

に吹かれてあなたのそばに

A いやあ、おじさんの心を揺さぶる、いいメロディですなあ。

B メロディに懐かしさを感じますね。

A キム・グァンソクの曲調は、ほんとうに幅広いですよ。多くの歌手が影響を受けています。

B そうですね。それに、世代を越えて愛されています。

A 今回は取りあげませんが、有名な「二等兵の手紙」は、若者が兵役につく前に、ノレバン(カラオケ)で必ず歌う歌です。キム・グァンソクのことは知らなくとも、この歌は、今の若者たちにも歌われているんです。さて、最後の曲になりました。最後は何を。

B 「바람이 불어오는 곳(風が吹いてくるところ)」です。

A これはまた、地味な曲を選びましたね。

B ええ、癒される曲です。

A では、聴いていただきましょう。

바람이 불어오는 곳

그곳으로 가네

그대에 머리결 같은

나무 아래로

펄펑이는 기차에 기대여

너에게 편지를 쓴다

꿈에 꾸었던 길

그 길에 서 있네

설레임과 두려움으로

불안한 행복이지만

우리가 느끼며 바라 볼

하늘과 사람들

힘겨운 날들도 있지만

새로운 꿈들을 위해

바람이 불어오는 곳

그곳으로 가네

햇살이 눈부신 곳

그곳으로 가네

바람에 내 몸 맡기고

그곳으로 가네

출렁이는 파도에 흔들려도

수평선을 바라보며

햇살이 웃고 있는 곳

그곳으로 가네

나뭇잎이 손짓하는 곳

그곳으로 가네

휘파람 불며 걷다가

너를 생각해

너에 목소리가 그리워도

뒤돌아 볼 순 없지

바람이 불어오는 곳

그곳으로 가네

風が吹いてくるところ

そこに行くよ

のような木の下

ガタゴトする列車に寄り添いながら

君に手紙書く

見た

その道に立っているよ

ときめきと恐れに

不安に感じる幸せだけれど

私たち感じて眺める

空と人々

手に負えない日々もあるけれど

新しい夢のために

風が吹いてくるところ

そこに行くよ

日差しが眩しいところ

そこに行くよ

にこの身を任せ

そこに行くよ

揺れても

水平線眺めて

日差しが笑っているところ

そこに行くよ

木の葉手招きしているところ

そこに行くよ

口笛吹いて歩いて

君を想う

の声が恋しくても

振り返ってみることはないだろう

風が吹いてくるところ

そこに行くよ

A 旅のお供に、口ずさみたくなる歌ですね。

B そうですね。心が軽くなる歌です。

A というわけで、そろそろ終わりの時間が近づいてまいりました。

B 第2回は、あるんですか?

A いえ、書くのにとても時間がかかるので、もうやめます。それではみなさん、ごきげんよう。

|

« 南へ北へ | トップページ | カオスな歓迎会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

土佐司 これはひどいですワン。

わし マルぱくりじゃないですか。あたしゃ、自分のブログを開いたかと思いましたよ。

土佐司 ご主人様のブログは、すでに来年2月分まで原稿が出来ているので、自分でも自分の書いた記事内容を忘れてることが多いですからね。

わし 「いつこんなの書いたかな?」と思っちゃいました。

土佐司 それに、ソン・デグァンのリクエストを入れたために、10月公開分のKプレ記事を早出ししちゃったから、また書かなくちゃいけないですしね。

わし もー、ジャロに訴えてやる。

土佐司 ま、元の企画だってmbcにおんぶに抱っこだから、あまり気色張らない方がいいですワン。

わし でも、「Kプレ」って「パターン」で書けるから、比較的楽に書ける企画なのに、2回目はない、とはこれいかに?

土佐司 歌詞の翻訳作業に時間が相当かかるからじゃないですか? まったく凝り性だワン。

わし まあ、「Kプレ」はラジオ番組×韓国懐メロというコンセプトからして、アクセス数の増加には全く貢献しませんからね。100%「マイブームの押し売り」で書くのが、精神衛生上いいかと思います。

土佐司 結局、ご主人様も自分でピンクルの記事を開いて、飽きもせずに一緒に歌ってますからね、ワンワン。

わし 「飽きもせず」は余計だ。

---

土佐司 しかし、U県が「うどん県」だとはよくわかりましたね。

わし 僕なんか「さぬきうどん」駅の観光案内所で、律儀にうどん県パスポートの申請&出入県管理をしてきましたけど、ほとんどの人は密入県でしたわ。

土佐司 イケメン副知事のポスターは各所に張ってあるんですが、例のいきさつでうどん県パスポートの宣伝が大々的にできないのかも知れませんワン。わが故郷の「龍馬旅券」とは大違いですワン。

わし 確かに「うどんだけじゃない」ですよね。香川は骨付鶏がチョーうまかったですから、いっそ「骨付県」に改名した方がいいと思いますよ。

土佐司 そういえば四国帰りの際に、汗腺トレーニングの仕上げとして、高校球児の夏の聖地に立ち寄って観戦してきたそうですが。

わし おかげさまで、炎天下の中でも、「かち割り」一個で一試合見終わりましたよ(えっへん)

土佐司 くだんの汗腺トレーニングの成果ですね。

わし ほれ、この腕をみてよ。さらさらでしょ。この程度の暑さでは汗すらかかない。

土佐司 本当だワン。土佐生まれのボクと同じだワン。

わし キミは犬だから、もともと汗腺がないでしょうが。

土佐司 鬼瓦さんも汗腺トレーニングすれば、夏バテともさよならだワン。

わし ただし、期待したダイエット効果はなく、むしろ体重は増えちゃったのが、ちょっとねえ(あんなにハードトレーニングだったのに)。

土佐司 重いリュックを背負った負荷トレーニングで、逆に脚に筋肉がついちゃったようですワン。

わし そのリュックも重さに耐えられず、チャックがバカになっちゃったんで、来週韓国で買い換える予定です。

土佐司 韓国で?

わし あれ、知らなかった? 今年も学生をそそのかして、韓国にゼミ旅行に行くんです。

土佐司 うわ、ボクは韓国は初めてだから楽しみだなあ。

わし あ、キミは留守番やね。旅先で持ち歩くのもうコリゴリやから。

土佐司 キャンキャン。

投稿: 土佐司だワン | 2012年8月20日 (月) 09時35分

A やってみると意外とおもしろいもんですな。ラジオ番組風のトーク。

B でも、考えものですよ。

A なぜです?

B そのうち、土佐犬の抱き枕に話しかけてしまいかねませんから。

A なるほど。でも汗腺トレーニング、本気でやらないといけないと思いました。

B どうしてです?

A だって私のかいている汗、全部「悪い汗」にあてはまるんですもん。これは命に関わりますな。

B でもこれ以上、どうやってトレーニングしろというんでしょうね。ふだんから自然と汗腺トレーニングをやっているようなものなのに。

A まあ、やりかたがあるんでしょう。それはまたおいおいと。

B ところで、またやられましたなあ。

A 何がです?

B 結局、コメントの後半が巧妙に身辺雑記にすりかえられている。

A あ、それ、思いました。

B 考えてもみてください。こぶぎさんのブログは、来年の2月分まですでに書いてしまっていて、配信日も決まっているわけですよ。

A とすると…、こんど学生と行く韓国旅行についての記事は、自分のブログの中に書く余地がない、ということになりますね。

B つまり私が恐れているのは、韓国旅行の話も、このコメント欄に書きかねないということです。

A なるほど。それは要注意ですな。

B 手口が巧妙ですから、注意しなければなりません。

A うっかり「K-POPプレイバック イ・スンチョル特集」なんかやろうものなら、それに便乗して、コメント欄に書き倒されますね。

B ともかく、しばらくはひっそりと過ごしましょう。

投稿: onigawaragonzou | 2012年8月20日 (月) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南へ北へ | トップページ | カオスな歓迎会 »