« ドロドロの日々 | トップページ | 泥棒たち »

ソナギのひとり旅

8月9日(木)

朝、ソウルに向かう御一行とM市のホテルで別れ、ひとりでG市に向かう。

学生がお世話になるC大学にご挨拶にうかがおうと思い、事前に連絡すると、「忙しいので」と断られた。まあ、突然のことだからもっともなことである。

そういえば、C大学に行ったことのある人から、先日メールが来ていたことを思い出した。

「もしC大学に行かれるのなら、裏門のところにある『ノルブボッサム』というお店が美味しいです」

これを読んで、思わず笑ってしまった。

だって、「ノルブボッサム」は、全国どこにでもあるチェーン店だもの。

私が大邱にいたときも、食べに行ったことがある。

たしかにそのお店は美味しくて、1日に2度も通ったことがあるくらいだ

しかし、今回はひとり旅である。ひとりで食事をするお店としては、かなり抵抗があるので、今回は見送ることにした。

市内を何カ所か見学した後、C大学のカフェで、「アイスアメリカーノ」を飲みながら、少し涼んだ。

8月10日(金)

G市からバスで50分ほどのところにある、Tという町に向かう。目的は、その町にあるという、石灯籠を見に行くことである。かなりの田舎町である。

バスに乗ると、後ろの座席に、日本人の女性の3人組が座っていた。

あんな何もない町に、何しに行くんだろう?聞いてみたい衝動に駆られたが、キモい人だと思われるのがこわくて、結局何も聞かなかった。

ま、そういう自分も、同じバスに乗っているわけだが。

バスを降りて、タクシーに乗る。

「○○まで行ってください」と言って地図を見せると、

「かなり遠いですよ」と言う。

しかしそういわれても、こっちはそれが目的できたのだから、仕方がない。とりあえず、目的の場所まで行ってもらうことにした。

ところが、行けども行けども着かない。どんどん寂しい山の中に入っていく。

ようやく、目的の場所に着いた。民家も何もない、山深い場所である。

「運転手さん、ちょっと待っていてください。写真だけ撮ってきますので」

ここでタクシーに帰られてしまうと、私の帰る手段がなくなってしまう。私はタクシーから降りて、石の燈籠の写真を撮ることにした。

夏草の生い茂る空き地に、石灯籠がポツンと立っていた。

石灯籠の近くに寄って、一生懸命写真を撮っていると、ブンブンとハチの音が聞こえる。

(うるさいなあ)

すっかり写真を撮ることに集中していたが、ふと我に返り、石灯籠の中を見てびっくりした。

す、す、スズメバチの巣だあああぁぁぁぁぁ!!!

なんと、石灯籠の中に、ビックリするくらい大きなスズメバチの巣があるではないか!

すぐに写真を撮るのをやめて、あわててタクシーに駆け込んだ。

「戻りましょう!」

運転手さんは不審に思ったに違いない。高いお金をかけて石灯籠をたった1つだけ見に来て、写真を撮るかと思ったら、あわてて戻ってきたからである。

雨もポツリポツリと降りはじめる。そういえば天気予報では、今日は全国的に「ソナギ」(にわか雨、夕立)が降ると言っていた。

「ほかにどこか見るところはありますか?」と私。

「ここは竹が有名ですからねえ。竹の博物館なんてどうです?」

「じゃあそこに行ってください」

町に戻り、竹の博物館を見に行ったが、雨がやまない。

すっかり意気消沈した私は、バスでG市にもどることにした。

G市に戻ったのが、午後1時半。外は土砂降りの雨である。

(まったく、今日は散々だなあ)

G市のバスターミナルは、お店や食堂がいくつもある巨大な複合施設になっており、かなりの時間をここでつぶすことができるようになっている。

仕方がないので、本屋にはいると、なんと松本清張の小説が韓国語に翻訳されているではないか!

松本清張ファンとしては、チェックしておく必要がある。

またはじまった。悪いクセである。

本屋で松本清張の短編小説集『張り込み』(韓国語訳)を買い、その隣にあるコーヒーショップで、その中に収められている「顔」を読みはじめる。

もちろん、むかし読んだことがあるのだが、内容をすっかり忘れてしまった。

読みはじめると、これがなかなか面白い。つい時間を忘れて読みふけってしまう。

(待てよ。こんなことで、半日をつぶしてしまっていいのだろうか…)

せっかく韓国に来たのに、これではもったいない。

そこでハタとひらめいた。

(そうだ!映画を見よう!)

バスターミナルに隣接して、シネコン(映画館)があったことを思い出した。

午後5時、隣のシネコンに向かった。(つづく)

|

« ドロドロの日々 | トップページ | 泥棒たち »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドロドロの日々 | トップページ | 泥棒たち »