« 潜入!オシャレなランチの店 | トップページ | 鍋を囲んだ夜 »

続・芋煮会運

これまでのあらすじ。

芋煮会運

味のしない芋煮

11月10日(土)

今日は学生たちが企画した、芋煮会の日である。

午後3時から職場の近くの川原でやるというのだが、私は夕方まで職場で仕事があり、それが何時に終わるかわからない。おそらくは途中参加である。

午後5時少し前、仕事が終わり部屋に戻ると、携帯電話に留守番電話が入っていた。

「今回の芋煮会の場所は、例年と違って、川沿いにあるプール施設の近くでやっていますので、そちらに来てください」

見ると、10分ほど前に来た電話である。

急いで職場を出て、芋煮会場に向かうことにする。

この時期、5時を過ぎると、あたりは真っ暗になる。

それにくわえて、「川沿いにあるプール施設」は、例年芋煮会を行っている場所からは、さらに遠く離れている。職場から歩くと、20分以上はかかる場所である。

川沿いの道をずーっと歩いていくのだが、川原はまさに「漆黒の闇」で、とても芋煮会をやるような雰囲気ではない。

(本当に、芋煮会をやっているのだろうか…)

歩いているうちに不安になってきた。

早足で歩くこと20分、プール施設のある場所の付近に着いた。

芋煮会をやっているような様子は、まったく見られない。

電話をくれた学生に、電話をしてみる。学生が出た。

「いま、川沿いにあるプール施設の対岸まで来ているんだけど」

「先生、プール施設の対岸に来ているんですか?」

「芋煮会、どこでやっているんです?」

「ちょっと待ってください。いま先輩に代わります」

電話の向こうで、笑い声のような、困惑したような声が聞こえた。

やがて芋煮会を企画した学生が電話に出た。

「あのう…芋煮会、終わってしまいました」

えええええぇぇぇぇぇっ!!!!

終わっちゃったのぉぉぉぉぉ???!!!

電話をくれてからここにたどりつくまで、40分くらいしか経ってないぞ!

いかんいかん、と、私は平静を装った。

「あ、そう。それはご苦労さまでした」と私。

「あのう…このあと、2次会とかを企画した方がいいでしょうか」

「いや、寒いし、いいでしょう。どうもお疲れさまでした」

そう言って、電話を切った。

そしてまた同じ道を、自分の芋煮会運の無さをかみしめながら、職場に向かって歩きはじめる。

(ほんとうは芋煮会なんて、それほど行きたいとは思っていなかったのだ)

私はそう、自分に言い聞かせた。(完)

なぜだろう?書いていて涙がとまらない!

|

« 潜入!オシャレなランチの店 | トップページ | 鍋を囲んだ夜 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 潜入!オシャレなランチの店 | トップページ | 鍋を囲んだ夜 »