« 「おすすめの店」と「ここだけの話」 | トップページ | 地方大学あるある »

似てない似顔絵

11月5日(月)

1年生向けの午後の授業では、いつも、何かしらハプニングが起こる。

授業の最初、オープニングトークで例の「さかなクン」の話をしていたら、授業のために用意していたパワーポイントの映像が突然消えてしまった。

いくらパソコンを操作しても、パソコンの画面は真っ暗のままである。どうやらノートパソコンじたいが壊れてしまったらしい。

とくにこの1年生向けの授業では、ちょっとしたハプニングで授業が停滞したりすると、130名もの学生を待たせることになってしまう。例によって焦りの汗が出てきた。

急いで事務室に走っていって、別のパソコンと交換してもらう。

別のパソコンを立ち上げ、ようやく画面が復旧した。かなりの時間のロスである。

「時間がかかってしまってごめんなさい」まず私がみんなに謝る。

「たぶん、ムダ話をした罰だと思うんですよ」私は、授業の本筋とはなんの関係もない、さかなクンの話をしたことをひどく後悔した。

「それか、私、この職場で嫌われているので、地味な嫌がらせなのかもしれません」例によって、被害妄想がはじまった。

さらにマイクの接触が悪いのか、マイクの音もとぎれとぎれである。

「ほら、このマイクも、音がとぎれとぎれでしょう。絶対、私に対する嫌がらせです」

学生たちは失笑していた。

無事に授業が終わる。

毎回、出席カードの裏にコメントを書いてもらって、授業の最後に提出してもらっているのだが、

「先生、機械にめげないでください」「先生ポジティブになってください!」「大丈夫、きらわれてなんかいませんよ」「先生元気出してください」「さかなクンの話、おもしろかったです」「先生負けないで!」「先生、どんまい!」

と、なんと、ビックリするくらいたくさんの励ましのコメントが!

出席カードの裏に書かれたコメントはすべて、ノーカットで、私がパソコンに打ち込んで、翌週の授業のときに、プリントアウトしてみんなに配布することにしている。これは、むかしから一貫して続けている、私の方針である。だから、どんな言葉が書かれていても、カットせずに、打ち込まなければならない。

自分に対する励ましの言葉を自分でパソコンに打ち込んでいて、情けないやら、恥ずかしいやら、である。

そして、もうひとつ恥ずかしいことが。

先週くらいから、出席カードの裏に、コメントとともに、私の似顔絵とおぼしき絵が、ちらほらと見られるようになった。

困るのは、その扱いである。

「すべてのコメントをノーカットで掲載して、翌週の授業で配布する」という方針からすれば、この絵も掲載しなければならない。さてどうしたものか。

私は先週の授業で、こう言った。

「出席カードの裏に、私の似顔絵らしきものが描かれてあるのがありましたが、あまりにも似ていないので、掲載しませんでした。似ている絵でないと、掲載しません」

この発言が、逆効果となった。

今週は、さらに似顔絵を描く人が増えたのである。

20121106210253_61870782

20121106210828_61870782_2 

それにしても、似てない似顔絵ばかりである。なかには、悪意があるんじゃないか?と勘ぐりたくなるような似顔絵もみえる。

学生たちの目には、私がこんなふうに映っているのか、と思うと、落ち込むばかりである。

しかし、「すべてのコメントをノーカットで掲載する」という方針は、貫かなければならない。

|

« 「おすすめの店」と「ここだけの話」 | トップページ | 地方大学あるある »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

取材先で発見。もしメガネをかけていれば激似だと思うんですが、いかんせん当時はまだ伝来してなかったのかしら。

http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/info/top/091127-1.html

投稿: こぶぎ | 2012年12月22日 (土) 10時44分

仕事が一段落したので、たまっていたコメントを一気に放出しましたな(笑)。

投稿: onigawaragonzou | 2012年12月23日 (日) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「おすすめの店」と「ここだけの話」 | トップページ | 地方大学あるある »