« 傘運がない | トップページ | 「寛永通宝 拾う」で検索 »

続・味のしない芋煮

12月5日(水)

夕方、職場で行われるある寄り合いで、芋煮会をするというので、行くことにした。

なんと!今年最初にして最後の芋煮会参加である!

ようやく、大きな鍋から芋煮をすくう醍醐味にありつけたのである。

しかも、ビックリするくらいの芋の量である。芥川龍之介の「芋粥」なみの、芋の量である!

おかげで、今年分の芋を、十分に食べることができた。

しかし、つくづく思うのは、自分は座持ちが悪い、というか、職場の同僚と、どんなことを話していいのか、皆目見当がつかないのである。中途半端な年齢であることも関係しているのだろうか。

たとえば、少し離れたところで若手グループが楽しげに話しているが、そのノリには、まったくついていけそうにない。ベテラングループの話の輪には、なおさら加わる勇気がない。

幸い、前に座っていた同世代の同僚が、切れ味鋭く、とても座持ちのいい人だったので、その軽妙な話をひたすら聞いてうなずくばかりだった。後半は、ベテランの先生のお話をひたすら伺うという練習。

でもなあ。

みんな別世界で活躍されている人たちだなあ、と思ってしまった。

みんないい意味で前向きというか、別の言い方をすると野心的、というか、私にはとうてい及ばない境地である。私がいま考えていることなんて、実に些細なことで、たぶん誰にも伝わらないのだろうなあ、と思うと、自分からもう何も言うことはできなくなってしまった。

間が持たないので、芋煮を何度もおかわりし、ビックリするくらいの量の芋を食べるが、例によって、ぜんぜん味がしない

つくづく自分の度量の狭さをのろったのでありました。

結論。芋煮は私の心をどんよりさせる。

|

« 傘運がない | トップページ | 「寛永通宝 拾う」で検索 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 傘運がない | トップページ | 「寛永通宝 拾う」で検索 »