« ヒートテックの錯覚 | トップページ | ホール・マジック »

債権者、全員集合

12月15日(土)

ある漫才コンビの1人が、あちこちからお金を借りているが、いっこうに返す気配がない。

業を煮やした債権者たちが、「劇場に行けば、彼は舞台で漫才をしているから、確実につかまえることができる。舞台袖で待ちかまえていて、漫才が終わって舞台袖に戻ったら、彼の身柄を拘束して、お金を取り立てよう」ということになった。

さて、その漫才師は、舞台で漫才をしている最中、舞台袖に債権者たちが集まっていることに気づいた。

そこで漫才が終わると、その漫才師は、舞台袖に戻らずに、そのまま舞台から客席に降りていって逃げていったという。

…むかし聞いた話である。

今日から2日間、東京の大きなホールで、国際シンポジウムのパネラーとして出演することになった。

開始前、控室で待っていると、私を呼ぶ声がした。

「どうもごぶさたしております。Mです」

Y社のMさんである。

「今日のシンポジウムのお話、楽しみにしております」

まいったなあ。Mさんには、数年越しの原稿を待ってもらっているのだ。

「今日あたり、お原稿をいただけるものと思ってまいりました」Mさんが続ける。

「いや、その…このシンポジウムのことで頭がいっぱいでして…」

「そうですか。いずれにしても、ここに来ればお会いできると思いまして…。お原稿の方も、首を長くして待っております」

「わかりました。年末年始返上でがんばります」

ドッと汗が出た。

開始時刻が近づいたので、控室を出て会場となるホールに向かうと、こんどはHさんが来た。

「どうもご無沙汰しております」じつに久しぶりである。

「今日来たらお会いできると思って」とHさん。「1月、よろしくお願いします」じつは1月に、Hさんが主催するシンポジウムで発表することになっていたのだ。

「原稿の方もお願いします」Hさんが続けた。

「す、すみません…。原稿がまだ…」と私。「たしか締切は…」

「今日です」とHさん。「なるべく早く出してください」

「わかりました。なるべく早く出します」

「今日のお話、楽しみにしております」

まいったなあ、と思い、会場となるホールに入ると、こんどは、S社のSさんが来た。

「ご無沙汰しています」私は挨拶した。

「あのう…。こんなときにこんなことを申し上げるのは心苦しいのですが…」

だいたい予想はついた。

「例の原稿、今月末までにお願いします」

「わ、わかりました」

かくして、シンポジウムで登壇するプレッシャーに加えて原稿催促のプレッシャーが重なり、生きた心地のしないシンポジウムが始まったのであった。

|

« ヒートテックの錯覚 | トップページ | ホール・マジック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒートテックの錯覚 | トップページ | ホール・マジック »