« 崎谷教授の言葉 | トップページ | 湯たんぽが先か、やかんが先か »

8号のバースディケーキ

1月7日(月)

今日は誕生日。例によって、「誰にも言わない作戦」。

午前、妻が私にメールの返信をしてきたついでに、

「誕生日って、明日でした?今日でした?とりあえずおめでとうございます」

と書いてきやがった。

まあ昨年はすっかり忘れられていたから、それにくらべたらマシである。

今年は海の向こうからのお祝いメッセージもない。

ということで、妻はギリギリ合格。あとは全員不合格。

…と思っていたら、夕方5時、3年生のTさんが仕事部屋にやってきた。

見るとTさんだけではない。3年生の女子が8人もいるではないか。

「あけましておめでとうございます!そして誕生日おめでとうございます!」

Tさんは、大きなケーキを持ってきていた。

「どうして、私の誕生日が今日だって知ってたの?」

「だって先生、授業で言ってたじゃないですか」

…記憶にない。よっぽど祝ってもらいたくて、無意識に口をついて出たのだろうか。

「ハッピーバースディの歌を歌った方がいいですか?」3年生のTさんが聞いた。

「そりゃあ歌ってもらいたいねえ」

「でも、近所迷惑になりませんか」

「べつにたいしたことないでしょう」

8人でハッピーバースディの歌を歌い始めた。いざ歌を歌ってもらうとなると、めちゃくちゃ恥ずかしい。

「ずいぶん大きなケーキだねえ」

「これ、8号です」

「8号!!??こんな大きいの1人では食べきれないよ」

「あたりまえです!そのためにケーキ用のナイフと人数分の紙皿を持ってきましたから」

なあんだ。たんに私の誕生日にかこつけて、ケーキを食べたかっただけなのか。

「仕事部屋ではスペースがないから、1階のロビーに行きましょう」

1階玄関のロビーに移動した。

「ろうそくは?」

「あるにはありますけど、火をつける道具がありません。ろうそくをつけますか?」めんどくさいなあ、という感じで、Tさんが言う。

「そりゃあ、せっかくだからろうそくを吹き消したいさ…。そうだ、事務室のK係長はタバコを吸う人だから、ひとっ走りして、ライターを借りてくる!」

えええぇぇぇぇ、めんどくさいなあ、早くケーキを食べたいのに!という学生たちの顔をよそに、事務室に行って、ライターを借りてきた。

…一番ノリノリなのは、オレなんじゃないか?

10本のろうそくをケーキに立て、ろうそくに火をつける。

「早く吹き消さないと、ロウがたれてきますよ!」学生たちは、早くケーキが食べたい一心で言う。

「いやいやいや、ちょっと待て。ろうそくを吹き消すのは、ハッピーバースディの歌が終わるタイミングの時だろう」

「えええぇぇぇぇ!!!またハッピーバースディの歌を歌うんですかぁ」

ということで、1階のロビーで、2回目のハッピーバースディである。早く食べたい一心からか、心なしか2回目の歌はテンポが速かった。

2 「はあっぴばあすでい、とぅ、ゆう~」

フッ!

パチパチパチ!!!

準備の周到なTさんは、ケーキ包丁、取り分けるための紙皿、使い捨てのフォーク、紙ナプキンなど、一式を揃えて持ってきていた。

さっそくケーキにかぶりつく学生たち。

「本当はあれだろう?ケーキが食べたいだけだったんでしょう?」例によって私が疑心暗鬼になって聞くと、

「そんなことありませんよ。本当に先生をお祝いしようと思ったからですよ」

と、Sさんがケーキをほおばりながら答えた。

「そんな、ケーキをほおばりながら言われてもなあ、説得力がない」

「どこまで疑うんですか!」

さすがにSさんも呆れていた。この被害妄想の癖は、なおさなければならない。

「どうもありがとうございました」ケーキを食べ終わった私は、8人の3年生に感謝した。

「たぶん、来年はないとおもいます」

「どうして?」

「私たち、来年の今ごろは卒論の大詰めでしょう。それどころではないと思うんです」

「そうか。それもそうだな」

それで今年、こんなに盛大に祝ってくれたのか。

彼女たちにしてみても、正月明けからさっそく公務員講座で勉強漬けの日々である。少しは息抜きになったのだろう。

ケーキを食べた8人は、満足して帰っていった。

…ということで今年は、妻と、3年生女子の8人の、合計9人が合格です!

|

« 崎谷教授の言葉 | トップページ | 湯たんぽが先か、やかんが先か »

職場の出来事」カテゴリの記事