« 羅生門的事象 | トップページ | 味方はこの5人 »

隙のない1日

2月20日(水)

ビックリすることに、朝9時半から2時間半の会議、午後1時半から夕方5時まで、3時間半の会議である。落ち着いて昼ご飯を食べる暇もない。

合間には、学生との面談やら、出版社から原稿の催促が来たりで、まあ、なんと隙のない時間の使い方でございましょう。われながらビックリである。だって、おもしろいくらいに、空いている時間に次々と予定が入ってくるんだもの。

夕方5時からは、3年生を対象にして、来るべき卒論に向けた「出陣式」である。会議がぎりぎり5時に終わり、急いで教室に向かう。

「もうヘトヘトだよ。だって会議が9時半から5時まであったんだもの」と学生たちに言うと、

「私たちと同じですね」という。

「どういうこと?」と聞くと、

「私たちも、公務員講座が朝9時半から夕方5時までぶっ通しだったのです」

なるほど、いまの3年生は、公務員講座でかなり追い込まれているのか。

「お互い大変だねえ」と、なんだか湿っぽくなってきた。

すべてが終わったのが、6時半。完全に疲弊した。

そうそう、それで思い出した。

先日、ある宗教法人のところに、調査に行った。

そこでは、毎朝3時過ぎから、教主様がお堂にお出ましになり、参拝者の願いを神様に届け、神様の言葉を参拝者に伝えるという「取次」をおこなう。参拝者はひっきりなしに訪れるので、遅いときには夜8時頃まで教主様は「取次」のおつとめをされるのだ、という。

毎日ですよ!毎日!土日も関係なくですよ!毎日朝3時過ぎからお堂に出仕して、夜8時頃まで、どこにも行かずに、お堂の中にじっと座って、ひたすら参拝者の話を聞き、それに答えるのである。

並大抵の力でできるものではない。

それを考えれば、オレなんか、まだまだ修行が足りないよなあ。

|

« 羅生門的事象 | トップページ | 味方はこの5人 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羅生門的事象 | トップページ | 味方はこの5人 »