« 隙のない1日 | トップページ | 泣ける映画 »

味方はこの5人

2月21日(木)

「Mさんのアウェイ感、半端ないっすよねえ」

最近の私をよく知るある人の言葉である。とくに最近は「羅生門」状態なので、なおさらその感を強くする。あまり人と話す気が起こらないのもそのためか。

この日、朝9時に始まった卒論発表会が、夕方5時過ぎに終了した。7時からは「追いコン」である。学生40名、私を含む同僚6名が参加する、大所帯である。

追いコンでは、4年生が一人一人挨拶をするが、私の指導学生はみんな、私に対して「迷惑をかけてすみませんでした」と謝罪した。迷惑をかけられた覚えはない。むしろ、口うるさく卒論の書き直しをさせた私の方が、彼らにとっては迷惑だったのではないだろうか。

「では次に、先生方からご挨拶をいただきます」

私が最もイヤな瞬間である。

ほかの同僚たちは、いずれもすばらしいメッセージを学生たちに伝えたが、私は例によって、自己嫌悪に陥るほどの挨拶しかできなかった。

一通りの挨拶が終わり、一段落すると、学生たちは思い思いの場所に行って歓談をする。私はひどく落ち込んで、一人でビールを飲んでいた。

すると私の指導学生5名が、私の前にやって来た。

「先生、卒論の際には、ありがとうございました」

不意の挨拶に驚いた。

「いや、むしろ私の方が申し訳ない気がしてねえ。みんなにずいぶんひどいことを言ったんじゃないかと」

「そんなことはありませんよ」

Photo そう言うと、彼らは私に、大きな花束を渡した。いままで私がもらったことのない、大きな花束である。

「あと、これお菓子です。めっちゃおいしいんで、食べてください」とCさん。時節柄、このところいろいろな方から甘いお菓子をもらっていたが、たぶんこれで打ち止めだろう。

「ありがとう」私は彼らに感謝した。

ふと思う。

最後まで私の味方なのは、この5人だったのではないか、と。

そのことに、今更ながら気づいたのである。

なかでも、比較的よく仕事部屋に来たのは、Cさんである。

たまに仕事部屋に来ると、昨今の大学生事情について、その感情の機微に至るまで解説してくれた。私にとっては、得がたい味方だった。

あの、他愛もない「イマドキの大学生」の話が聞けなくなるのかと思うと、少し寂しい。

「…で、そのジェットコースター、出発したかと思ったら、2秒ほどでいきなり時速172キロになるんですよ」

「うそだろう」

「本当ですよ!カウントダウンが始まって、『3,2,1、ドーン』みたいな」

Cさんのその言い方が可笑しく、2次会で何度も大笑いした。

|

« 隙のない1日 | トップページ | 泣ける映画 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隙のない1日 | トップページ | 泣ける映画 »