« 会うは別れの始め | トップページ | ナカヤマさん »

マイナスをゼロにする仕事

3月16日(土)

たぶん誰にも理解されないと思いますけど、偉そうなことを書きますよ。

ここ数年、「マイナスをゼロにする仕事」というものが、自分のやるべき仕事ではないかという気がしてきた。

たとえば、「ゼロをプラスにする仕事」は何か、というと、「ハコ物を建てる」とか、「大きな事業を立ち上げる」とか、「華やかな表舞台に立つ」とか。

それに対して、「マイナスをゼロにする仕事」とは?

たとえば学校で問題になっている「いじめ」とか「体罰」とかは、学校にとってはマイナスの出来事である。これを、少しでもなくそうと努力したり、ゼロに近づけるシステムを作ったりする仕事。

これが私のイメージする、「マイナスをゼロにする仕事」である。

しかしこの数年私が痛感したことは、ほとんどの人は、「ゼロをプラスにする仕事」にばかり注目し、誰もが「ゼロをプラスにする仕事」をしたい、と思っている。

「マイナスをゼロにする仕事」は、誰もやりたがらない。誰かがそれをやったとしても、誰も注目しない。日の目は見ないし、損することばかりなのだ。業績にもならないし。

しかしだからこそ尊いのではないか、と、自分に言い聞かせながら、日々、職場では「マイナスをゼロにする仕事」について、考えている。誰にも理解されないんだけどね。

「日の目を見る」「表舞台に立つ」仕事は、それにふさわしい人に任せればよいだけの話だ。

同じように、2年前の震災以降、仲間たちと一緒に続けてきたボランティア活動も、言ってみれば「マイナスをゼロにする仕事」である。失われかけたものを、取りもどそうという作業なのだから。

だとすればこれは、私がやるべき仕事である。

ほら、やっぱり偉そうでしょう?軽く死にたくなるね。

…ま、そんな理屈をつけながら参加し続けて2年。この日は年に1度、これまでの活動をふり返り、今後の活動を考える会合の日である。

この活動に参加を続けている一番大きな理由は、同い年の盟友、Uさんの存在である。

私とUさんは、私がこの地に来てから知り合い、同い年ということもあり、ことあるごとに張り合っている。

「あいつが出続けているんだったら、オレも負けられねえ」みたいな。

そんなUさんを突き動かしているのは、徹頭徹尾「人間に対する共感」である。

「むかしの仲間が困っているのを黙って見ているわけにはいかねえ」

「むかし仲間たちと一緒に勉強した場所が、いま立ち入り禁止だなんて、オカシイよ!」

言葉は荒削りだが、ストレートな言葉は、私のような理屈をつけながら参加している人間よりも、はるかに心に響く、と思う。

会合の後は、打ち上げである。

Uさんの職場仲間で、一緒にボランティア活動に参加していたAさんとYさんが、この4月から新天地で仕事をすることになった。Aさんは隣県、Yさんは東京にである。

Uさんにとってみれば、ボランティア活動に参加しているUさんのよき理解者であった2人の「若い衆」が抜けてしまうのは、大きな痛手である。職場で孤軍奮闘しているUさんを支えていたのは、この2人だったのだ。

「Uさん、両腕をもがれた感じだね」私はUさんに言った。

「その通りだよ」

しかしUさんは、うなだれているわけではない。「若い衆」2人が新天地で活躍することを、素直に期待していた。

「Y君が東京に行ったらさあ、AKBの握手券をもらってくるようにお願いしたんだ」

Uさんらしい、はなむけの言葉である。

「春は別れの季節」であることを、リアルに感じた1日である。

|

« 会うは別れの始め | トップページ | ナカヤマさん »

クリーニング作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会うは別れの始め | トップページ | ナカヤマさん »