« 旅の続き | トップページ | 学ばない歯医者 »

老住職の毒舌

3月2日(土)

28日の夜遅くに勤務地にもどり、翌1日の朝9時半から絶対に休めない仕事がある。

というのも、その作業ができるのが、私しかいないためである。 それも、かなり細かい作業なので、少し頭が痛くなった。

1時間半ほどの作業が終わり、仕事部屋に戻ってからメールを確認すると、仕事の依頼主から、

「てめえ、ふざけんじゃねえ!早く原稿をよこせって言ってんだろ!」

的なメールが来た。もっとも、そんな書き方はしていないのだが。

私はすぐさま、「すみません。今日明日中に何とかします」と返事を書いた。

といっても、その仕事にはまったく手をつけていない。日曜日(3日)には、新幹線を乗り継いで3時間以上もかかる隣県で、講演をしなければならない。そのためには、前日、すなわち土曜日(2日)の午後6時の新幹線に乗って前乗りしなければ、当日の講演会には間に合わないのである。 そうやって逆算していくと、私に残された時間は、3月1日の午後から翌2日の夕方までである。

仕方がない。残された時間で仕上げるしかない。

さて午後2時すぎ、所用があってある部局に行くと、1人のおじいさんがお客さんとしてきていた。 何でもそのおじいさんは、地元でも有名な老住職だそうである。

横に座ったとたん、その老住職は堰を切ったように私に話しはじめた。 しかも、その話のほとんどが、世の中をバッタバッタと斬りまくるような、毒舌である。

(住職さんなのに、こんなに毒舌を吐いていいのか?)

話を止めるわけにはいかない。止めようとすれば、攻撃の矛先はこちらに向かってしまう。

仕方がないので、うなずきながら聞いているうちに、次第に、気分が悪くなった。 ひどく寒気がして、お腹がゴロゴロと鳴りだしたのである。

(これは、やばいな…)

しかし、途中で失礼するわけにもいかない。 結局、2時間近く、その老住職のお話をうかがうことになった。どうしてこう、おじいちゃんにばかり好かれるのだろう?

老住職がお帰りになり、ふと時計を見ると、午後4時過ぎである。

「先生大丈夫ですか?顔が土気色になっていますよ」 一緒に老住職の話を辛抱強く聞いていた職員のSさんが私の顔を見て言った。

「大丈夫ではないようです。これで失礼します」

ひどい寒気がして、慌ててトイレに駆け込んだ。

久しぶりの、ビックリするくらいの下痢である。

原因は何だろう?

先ほどの老住職の毒気にあてられたのだろうか?

それとも前日までの出張の疲れが出たのか?はたまた、そこで食べた瀬戸内の美味しい魚介類にあたったのか?

とりあえず事務室に駆け込み、風邪薬をもらった。

(困ったなあ。日曜日の講演会は絶対に休めないし…。その前に絶対に仕上げなければならない仕事もあるというのに…)

しかしこんなに体調が悪ければ、仕事ができるはずもない。仕方がないので、家に帰って休むことにした。

翌日(2日)のお昼ごろ、布団から這い出るようにして起き出し、仕事部屋に向かう。寒気と下痢は、相変わらず治らない。

(残された時間は、4時間くらいか…)

仕事部屋に到着して、何とはなしにガムを食べると、ガチッと何かがあたる音がした。

ガムを噛んでいるうちに、歯の詰め物がガムにひっついて、取れてしまったのである!

(何だよこんなときに!困ったなあ…)

「弱り目に祟り目」とは、このことである。

いまから歯医者に行って詰め直してもらうか?いやいや、とてもそんな時間はない。

といって、このまま放っておいても、これから1週間以上は、予定がギッシリ詰まっているのだ。

こうなったら、自分で詰め物を歯に詰め直すしかない。

(うんがあぁぁぁぁぁ)

口を大きく開けて、詰め物を歯に詰め戻そうとするが、詰め物が小さいこともあって、なかなかうまくジョイントしない。 何度詰めても、詰め物がヘンなふうに歯の間に挟まってしまい、噛み合わせが悪くなってしまうのだ。

その上、

(うんがあぁぁぁぁぁ)

と口を開けているうちに、アゴがはずれそうになった。

(これ以上口を開けっぱなしにしていると、アゴがはずれて、もっと取り返しの付かないことになってしまう。もはやこれまでか…)

とあきらめたその瞬間、

スルッ!

あれ???飲み込んでしまったか???

……? ……!

いやいや、見事、詰め物が歯にジョイントしたぞ!

20分ほどの格闘の末、ようやく詰め物は、元通り歯に戻ったのであった。

そうこうしているうちに、残された時間は、あとわずか。

はたして原稿は送ることができるのか?

そして、隣県での講演会は、無事に終わるのか?

|

« 旅の続き | トップページ | 学ばない歯医者 »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅の続き | トップページ | 学ばない歯医者 »