« 驚きのサリ麺 | トップページ | 雨ふり小僧は見えるか »

絶対に薦められない大林映画

アラフォーのオッサンたちにとって、これは「あるある」ネタなのかどうか、わからないが。

「大林宣彦監督の映画は、他人に薦められない」

大林映画のファンなら、そう思った経験があるのではないだろうか。

私も大林監督の映画のファンなのだが、かといって、他人に薦めたいとは思わない。

事実、妻はまったく理解を示していないし、私も、妻に理解してもらおうとは思っていない。

要は、監督のキャラクターも含めて、あの世界観に浸れるかどうかである。

ギリギリ薦められるものとしては、以前このブログにも書いた「青春デンデケデケデケ」か、「異人たちとの夏」くらいであろう。

あとは、とても薦めることはできない。

私が大林映画の中で個人的にいちばん好きな作品は、

Okasina日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群」

という映画なのだが、この作品こそ、もっともお薦めできない作品である。

三浦友和、永島敏行、南果歩、竹内力、といった豪華メンバーが出演しているこの作品は、もともとは、人気漫画を原作にした商業用映画として企画されたものだった。だが、同時上映を予定していた映画の製作が頓挫したため、この映画も製作中止の事態に追い込まれた。ところが大林監督は、「映画を途中でやめてしまうことは、人の人生を変えてしまうことだ」といって中止にはせず、予算を縮小して、当初のストーリーとはまったく異なる、きわめて個人的な趣味の映画に、作りかえてしまったのである。

当時、ほとんど劇場公開もされなかったのではないだろうか。

これほど、大林監督の個人的な想いがストレートにあらわれた作品は、ほかにないだろう。

この映画に登場する人々はみな、可笑しく、いとおしく、狂おしく、哀しい。

私はある時期、この映画をビデオで何度も見た。

それほど、好きな映画である。

だが、絶対に人に薦めることができないのである。

それが、大林映画の本質なのだ。

|

« 驚きのサリ麺 | トップページ | 雨ふり小僧は見えるか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 驚きのサリ麺 | トップページ | 雨ふり小僧は見えるか »