« スイカをめぐる、オッサンたちの冒険 | トップページ | 地球だったのか! »

厄介な野犬

5月8日(水)

「誰にも喜ばれない性格、というか、気づくと誰も味方がいなくなる性格ってわかります?学生の時から僕はそうなんですけど。『だったら言わなくていいじゃん、どっちも味方がいなくなるよ』みたいなことなんですけどね」

「まぁ、僕はそういう人生をず~っと送ってきてまして、多分、そんなこと言わなくていいのに、みたいなこともあるんでしょうけどね。でも、なんですかね?どこも何も言わないって変じゃないですか?なんだか納得がいかないんですよね…まぁ、損してますよね。僕は(笑)」

これは2年ほど前に、私と同世代のラジオDJが、ラジオ番組の中で言った言葉。このラジオDJは、性格が私とまったく同じである。

ここ最近ほど、この言葉を痛感することはない。

ま、今日も例によって、言わなくてもいいことを言うわけですよ。

そうすると世間的に「大人」の人が、「まあまあ」なんて言ってね、官僚的答弁で、うまく矛をおさめようとするわけです。

でもこっちは全然納得していないから、ムキになったりする。

傍観している関係者たちはだんまりを決め込んでいる。

今日はまさにそんな感じで、「ああ、やっぱり言わなきゃよかったよなあ」と、一日中、すっかり心が折れてしまったんですけれども。

そしたら、同僚で一人だけ共感してくれる人がいて、「言ってくれてありがとうございます」というメールが来た。

一連のやりとりを読んで、私とまったく同じ感想を共有したりしてね。

周りに誰ひとり味方がいない、と感じた1日だったけれど、ああ、通じる人がいたんだ、と思って、それが、かろうじて救われたことでした。

「厄介な野犬だねえ」と、妻はよく私のことをそう評します。すぐいろいろな人に噛みついたりするから(笑)。自分でも厄介な性格であることは重々承知しているけれど、でもそれで周囲の人々の人間性を量れているのだから、まあこの性格につきあっていくしかないか、と、半分は諦めています。

|

« スイカをめぐる、オッサンたちの冒険 | トップページ | 地球だったのか! »

職場の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイカをめぐる、オッサンたちの冒険 | トップページ | 地球だったのか! »