« ダメな大人たち | トップページ | 仕事部屋が暑い理由・妄想篇 »

すべての人を等価値に置く

ささ、久しぶりに、読者の関心をまったく引かない「寅さん」の話ですよ。

映画「男はつらいよ 寅次郎と殿様」は、アラカン(嵐寛寿郎)のコミカルで憎めない演技が光る名作である。

寅次郎(渥美清)は、旅先の伊予大洲で、殿様(嵐寛寿郎)に出会い、親しくなる。寅次郎とすっかりうちとけた殿様は、思い詰めたように、寅次郎に、ある望みを叶えてほしいと懇願するのである。

それは、若くして死んだ息子の妻、鞠子さん(真野響子)に会いたい、という望みである。

殿様は、身分が釣り合わないという理由で、息子が鞠子さんと結婚することに反対し、息子を勘当した。その後、息子夫婦は、父親と縁を切り、慎ましやかな生活をするが、ほどなくして、息子は死んでしまった。

殿様は、二人の結婚を許さなかったことを悔やみ、息子の嫁に一度会って、お詫びとお礼が言いたい、というのである。

殿様のその切実な思いに圧倒され、寅次郎はつい、「鞠子さん探し」を引き受けてしまう。

しかし探す手だてはまったくない。鞠子さんは東京にいる、という手がかりだけを頼りに、寅次郎は柴又へ帰り、とらやの家族に相談する。

「参っちゃったなあ。本気にするとは思わなかったんだよ。俺、お愛想のつもりでいったんだよ。すぐ探しますからって。世間知らずだから、真に受けちゃったんだなあ」

「あやまっちゃったらどうだい」とおいちゃん(下條正巳)。

「そうはいかないよ。相手はお殿様だもの。俺、お手討ちになっちゃうかもなあ。

『よくもわしを騙したな!』

スパッ!(首を斬る音)スポッ!(首が木に引っかかる音)

鈴ヶ森の三尺高い木の上で、雨の日なんか、やだなあボシャボシャボシャボシャ首だけでさ。カラスに目玉なんか突っつかれちゃって、あとは穴ぼこだらけになっちゃって…」

困った寅次郎は、義弟の博(前田吟)に相談する。

「博よお、どうなんだ、お前は?」

「ナンセンス」

「『ナンデショウ』?聞いてなかったのか?俺の話。よぉ、どういうつもりなんだよ」

「世の中には、もっと困っている老人がたくさんいるんですよ」

「何が言いたいんだ」

「どうして殿様だからって、そんなに大騒ぎするんですか。江戸時代じゃないんですよいまは。民主主義の時代です」

「民主主義っちゅうのは、殿様嫌いなの!」

殿様と、息子の嫁は、今まで会ったこともない赤の他人である。そんな二人が会ったところで、どうってことないんじゃないか、と、おいちゃんは言う。

ここから、寅次郎は殿様の気持ちを代弁する。

「おいちゃん、どうしてそんな冷たいことを言うんだよ」

「どうして?」

「たとえばだよ。いいかい、これはたとえ話だよ。

俺が、所帯を持とうとする女が見つかる。

しかし、身分違いだということで、おいちゃんたちは反対するよ」

「しやしないよ(笑)」

「だからこれはたとえ話といったでしょ!」

「あ、そうかそうか。それで?」

「しかし、俺はその女と一緒になっちゃう。民主主義だから!」

「もちろんだよ。一緒になればいいじゃない」おばちゃん(三崎千恵子)が口をはさむ。

「しかしなあ、おばちゃん。俺ととらやはそれっきり、喧嘩別れだよ。どこか遠くの町で所帯を持つ。5年6年暮らすうちに、ある日突然電報が来る」

「あら、何だって?」

「『寅次郎、病にて死す』…わびしい葬式だ…変わり果てた姿で、白木の棺に入って帰ってくる俺…。

『寅ちゃん!こんな姿になってしまって…』

…おばちゃん、そのときは泣いてくれるだろ?」

「もちろんだとも…」おばちゃんの目頭が熱くなる。

「一周忌、三回忌はまたたく間に過ぎ、それにつけても思い出すのは、俺の嫁さんのこと。せめて一目会いたい。会って両手をついて、礼が言いたい。

『寅次郎のやつが、お世話になりました。あなたのような美しい、優しい人がおそばにいてくれたからこそ、寅のやつも晩年はどれほどに幸せであったことか…』

なあおばちゃん。

この気持ちもわかるだろう?」

「わかるとも…」おばちゃんは、すすり泣いてしまう。

このあたりの驚くべき妄想力と語りは、寅次郎の真骨頂である。

「それがわかれば、今の殿様の気持ちも、わかるってことなんだよ」

「なるほどねえ」

かくして、寅次郎の「強引な妄想」は、人々を共感させたのである。

私自身が、自分の「妄想」癖に、なかば嫌気がさしながらもつきあっているのは、「妄想こそ共感なり」と、妄想には共感する力が秘められていると信じればこそ、である。

さて、もう一つ興味深いのは、博の主張と寅次郎の主張の違いである。

博は、もっと困っている老人はたくさんいるのだから、殿様を特別扱いするのはよくない、と主張する。庶民の立場からいえば、たしかにそうである。これはこれで、理屈が通っている。

だが寅次郎は、「殿様だって、一人の人間なんだ。ほかの老人と同じような悩みを抱えているのだ。ふとした縁で親しくなった殿様を救おうと思って何が悪い」という。

博の「一般論」に対し、寅次郎の方は、「目の前で困っている人がいるならば、殿様であろうと庶民であろうと助けてあげるべきだ」という意識が、より強烈にあらわれている。

つまり、

「すべての人を等価値に置く」

という点では、じつは博よりも、寅次郎のほうがむしろ徹底しているのである。

名作「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」の中で寅次郎は、親しくなった稀代の日本画家・池ノ内青観(宇野重吉)に、絵を描いてほしい、と懇願する。

その絵を売って、詐欺師に騙されて借金を抱えてしまった芸者・ぼたん(太地喜和子)の借金を、返したいというのである。

芸術を冒涜するような、何とも乱暴な望みだが、寅次郎は、池ノ内青観の名画は、不憫な芸者・ぼたんを救うためにこそ価値がある、と思っているのである。

ここにも、「すべての人を等価値に置く」という寅次郎の姿勢が優先されている。

寅次郎の最大の魅力は、この点にあるのである。

シリーズを貫く「寅次郎」像は、すべてこの一点に集約される。

…私が言いたいことは、どれだけ伝わっているのだろうか?

|

« ダメな大人たち | トップページ | 仕事部屋が暑い理由・妄想篇 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダメな大人たち | トップページ | 仕事部屋が暑い理由・妄想篇 »